« 2016年9月25日 - 2016年10月1日 | トップページ | 2017年4月9日 - 2017年4月15日 »

2016年12月11日 - 2016年12月17日の1件の記事

2016.12.11

「問題演習型」と「アクティブ・ラーニング型」は、二項対立ではない!

 新幹線の中で問題を問いていて、また、千葉県の某イベント会場で考えて、気づいたことが有ります。
 なぜ、問題演習をたくさんやる必要があるのか?
 また、それに対して、物理の教員として違和感を感じるのは何故か?
-----
 
 問題演習をこなすことで身につく力が3つあります。
 
(1)集中力 (←訓練が大事)
(2)集中するための持続力 (←訓練が大事)
(3)国語力 (←多様な問題に出会い、多様な気付きが必要)
 
 一方で、問題演習をこなしても、考えなければ身につかない力があります。
 
(4)物理の体系的な理解
 ↑
「数をこなせば身につく」と考えられがちですが、やりっ放しでは何も残っていない、という事例は、全宇宙の星の数ほどあると思われます。
「数をこなして身についた」というのは、例えば「(テスト等で)イタい目に遭った」などで、自然と(=イヤでも)考える機会となった場合かと思われます。
◯付けして「合っている」とやり過ごした場合に、実は「何故合っていたか」を考える機会がないので…特にマーク模試で正解を振り返らない場合には、模試にお金を使った意味が、実はありません。
 
-----
 ですから「数をこなす」ことと、「考える事」を、切り分けて考えると、分かりやすいと思います。
 
「考えるため」にアクティブ・ラーニング
「経験を積むため」に問題演習
 
 当然、「経験を積んで、かつ考える」ことも可能です。
 「アクティブ・ラーニング型(AL型)授業での問題演習」です。
 
 この場合「それでも問題演習が足りない」という場合には、「なら必要(志望校等)に応じて、自主的に行いなさい」となります。
 
-----
 
 ここで、アクティブ・ラーニング型授業の、弱点が見えてきます。
 
・数こなす授業で身につく能力が、3つ。
 残りの1つは、身につく可能性もゼロではない。
 
・アクティブ・ラーニング型では、物理体系の理解に繋げることができても
 問題演習量が足りなければ、得点に繋がらない。
 
⇒つまり、3-1で、「問題演習型授業」に負けるのです(^^;
 
 ですが、大方の物理の教員は、気づいているはずです。
 「問題演習をやらせたのに、結果が出ない生徒」の存在がいることを。
 そして、それは「本人のやり方が悪いんじゃないの?」と
  教える側のアプローチの方法に目を向けていないだけではないか、ということに。
 
-----
 
 ですから、教員側のアプローチは2つですよね。
 
問題演習主体でも、たまにアクティブ・ラーニングで、物理現象について考えさせる
 
アクティブ・ラーニング型主体でも、問題演習量の大切さを意識させる
 
 小さな結論は以下の通りです。

「なぜ従来型の授業の先生方と、アクティブ・ラーニング型に取り組む先生方が、相容れない状態が生まれているのか、よくよく考えると、よく分からない(=別な要因で対立しているのではないか?
記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m

続きを読む "「問題演習型」と「アクティブ・ラーニング型」は、二項対立ではない!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月25日 - 2016年10月1日 | トップページ | 2017年4月9日 - 2017年4月15日 »