« (教員免許更新)生徒指導2:子どもの問題行動と教師集団の対応 | トップページ | (教員免許更新)生徒指導4:不登校とその支援 »

2015.08.16

(教員免許更新)生徒指導3:思春期の人間関係

『現代の生徒指導』
第3章 思春期の人間関係

伊藤 美奈子(奈良女子大学)
-----

1.思春期とは?(←この項全文引用)

「 思春期の最も大きな特徴は,「子どもとおとなの境界線上にある過渡期」ということである。年齢的には小学校高学年頃から中学・高校生くらいまでを含み込む。身体的には親を追い越すくらい大きく成長するが,精神的にも社会的にも,まだ大人とは言い切れない未熟な側面を併せ持ち,成長と成熟のアンバランスと,そこから生じる不安定さを特徴とする。周りの大人たちによる扱いも微妙である。時に応じて「まだ子どもなのだから,~してはいけません」と言われるかと思うと,「もう大人なのだから,自分で~しなさい」と急かされることもある。子ども本人も「もう一人前なのだから放っておいて」と突っ張るかと思うと,「まだ一人では頼りない,甘えたい」気分になることも多い。そんな不安定さを助長するのが,以下に述べる身体と意識の変化,そして周りの人々(親,友だち,先生など)との関係性の変化である。」

|「思春期」=身体の変化や生物学的な変化に注目した区切り方
|「青年期」=心理・社会的な変化に注目した区切り方

2.身体的変化と自己意識

「 思春期の始まりを第二次性徴に見るように,思春期と身体の問題は切っても切れない関係にある。第二次性徴の受け取り方も子どもによって個人差が大きい。」

○身体の変化
・我が身に訪れる時には突然
・その変化が自分の意志や力で調整ができない
・周りの子どもたちとのずれ(早い・遅いという個人差)も悩みの背景

○意識面の変化
・自分に対する意識が強まる
・自分のことを客観的に眺めたり自分を振り返ったりする
「自分って一体,何ものなのだろう?」という実存的な問いに心が開かれ始める
・自己意識とともに他者に対する意識も高まる
 (「他者の目」を通して自分を眺める)

3.親子関係-反抗期

「思春期になった子どもにすれば,身体も大きくなり何でも一人でできそうに思えるのに,親から指図されたり上から押さえつけられたりするのは苦痛なものである。とはいえ,まだ本当の力(経済力や社会的地位)はない。そういうときに子どもが取る手段が「反抗」である。」

「ところが近年,「友だち親子」を理想とする声をよく耳にする。それと同時に増えているのが,反抗期の遅れ・消滅という現象である。」

・「早期に親が子どもの人格を認め,「対等な大人」として扱っている場合は“反抗”というイニシエーションは必要ない。」

⇒「現代という少子化社会が,いつまでも子どもを保護し続けることを可能にし,関係の変容を遅らせているともいえる。」(←“子ども同士な友達親子”)(=親が子どもの視点に下がってまでの横の関係となっている)

4.思春期の友人関係

「 ところで,近年,友だちとのつきあいに疲れている子どもたちが増えている。本来なら一緒にいて楽しいはずの親友にも気を遣う子どもたち。一人になることを恐怖し,「いじめられる関係」でもいいからともに過ごせる仲間を求める子どもたち。「一緒にいたいけれど,いつも一緒は疲れる」「一人でいたいけど人の目が気になる」,そんなジレンマの中で人との関係に疲れ果てていく子どもも少なくない。その関係をより複雑にしているのが交流手段の変化である。ラインやチャットなど,ネット上のつきあいがさまざまなトラブルを生んでいる。」

「友だちだから」気を使う→スマートフォンが手放せない
| その背景に「嫌われたくない」「外れたくない」心理

|背景にある気持ちを、言葉として(誰かに)伝えることが出来ない&避ける!

⇒(そのストレスが)「行動化」や「身体化」という形で表現される

5.群れと孤独

「 このように,流行を追い求めたり周りの友だちに合わせることにも神経を遣ったりするけれど,人とはちょっと違った「自分らしさ」も大切にしたい。そんなアンビバレントな思いの狭間で揺れ動くケースも少なくない。つまり思春期というのは,人との関係性を結びながら,その一方で自分の世界を構築するという「二重の課題」を背負った時期であるといえるだろう。ただし,自分自身を見つめ自分らしさを発見するには,自分と向き合う「孤独な時間」が必要である。孤独は淋しさや辛さを伴うが,独りになることで本当の自分に直面し,そこでの気づきが“ありのままの自分”に戻るための契機となることもある。」

|《思春期とのつきあい方
|・揺れに付き合う(←ただし「共揺れ」は禁物!
|・発達というプロセスの中で理解する(心の成長とともに変容していく可能性
|・向き合い方(言葉以外のチャンネルを持つこと・合わせること、の大切さ
| (真正面より「ななめ」の位置)
|・根気強さ(大人にとっては「問題」でも、(本人には)必要な時間

⇒「この子どもたちに,「ぶつかっても大丈夫」という基本的な信頼感を持たせるためには何が必要かについて,しっかり考えるべき時代が到来しているといえよう。」

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m

追伸・感想

 思春期とその特徴については、皆さんご存知なはず
 知っておきたいのは、思春期特有の意識面の変化
(それに応じた対応が必要となる職業だから…)

 それを踏まえると「昔はなかったかも…!?」という以下の2つの現象は、見過ごせません!

・「少子化社会が,いつまでも子どもを保護し続けることを可能にし,関係の変容を遅らせている」→「友だち親子」反抗期の遅れ・消滅」

「友だちだから」気を使う「スマートフォンが手放せない」→「ラインやチャットなど,ネット上のつきあいがさまざまなトラブル」→友だちとのつきあいに疲れている」

 社会が変わると、教育問題にも影響が生じる、ということでしょうね!

 そしてもう1点、思春期に個人差がある児童・生徒たちが混合しているクラス(中学~高校)では、片方に適した指導がもう片方には不適切、という場合があることが、事を難しくしていますweep

 これは意外と、経験値の高い先生方ではないと、その乗り切り方をご存じなかったりするので、どこかで改めて教えて頂けると幸いに思います

-----

追記('15.8.23)こんな記事もあります。
息子のことを「小さな彼氏」と呼ぶことはおかしなことか

|

« (教員免許更新)生徒指導2:子どもの問題行動と教師集団の対応 | トップページ | (教員免許更新)生徒指導4:不登校とその支援 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/62095097

この記事へのトラックバック一覧です: (教員免許更新)生徒指導3:思春期の人間関係:

« (教員免許更新)生徒指導2:子どもの問題行動と教師集団の対応 | トップページ | (教員免許更新)生徒指導4:不登校とその支援 »