« 2013年4月21日 - 2013年4月27日 | トップページ | 2013年8月11日 - 2013年8月17日 »

2013年6月9日 - 2013年6月15日の3件の記事

2013.06.15

明日仙台で『ミニチャンバラ』

 紹介があって、明日の16日(日)14時半~16時頃、仙台西公園で行われる『ミニ チャンバラ』に参加してくることにしましたhappy01

Tyanbara

--- (以下、紹介のチラシより) ---

今回、仙台市内でミニ チャンバラを開催することになりました♪
私たちと一緒に楽しみませんか?

日時:2013年6月16日(日)14時半~16時頃
場所:仙台市青葉区 西公園 お花見広場(大町交番の裏、仙台市天文台までの場所、目印:スポンジの刀)
(仙台駅から、バスで「大町西公園前」、もしくは徒歩25分)
人数:20名程度
対象:どなたでも(できれば、今後 宮城県内での開催にお手伝いしてくださる方がおられれば、ぜひご参加いただければと思います。一緒に、新たな教育、異世代間交流、地域活性化を模索しましょう!)
動機:私たちは大阪から復興支援ボランティアに七ヶ浜に行くため、仙台に参ります。せっかくの機会なので、いつも私たちが大阪で楽しんでいるチャンバラを仙台の方々と一緒に楽しみたいなと思いました。今後も、宮城県内で開催できたらと考えています。
持ち物:特になし。
参加費(風船代やスポンジ刀のレンタル費用):500円
服装:動きやすいかっこう(Tシャツの方が風船がくっつきやすいです)
詳細の変更など:facebookイベントページ http://www.facebook.com/events/167253566778866/

(↓チラシはこちら↓)
「mini_tyanbara_in_sendai_vol.1.docx」をダウンロード

-----

 ボランティアに来て、こうして、被災地を元気にしてくれるような企画をしてくださるって、嬉しいことですよねwink

 もしもお近くの方で、明日お時間がございましたら、一緒に“いくさ”に行きませんかhappy01

続きを読む "明日仙台で『ミニチャンバラ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.09

神が清めた物を、別け隔てなく

 私の通っている日本キリスト教団仙台北教会南地区礼拝に出席して来ました。
 今日は「子どもの日・花の日」礼拝ということで、牧師先生からは、子どもにもわかりやすい話がなされました。

 使徒言行録10章9~18節を聖書の箇所にして、「神さまにつくられた仲間」という話がなされました。
 人は往々にして「好き嫌い」などで別け隔てしてしまいがちですが、「神が清めた物を、清くないなどと…言ってはならない」という声によって、真に正しいことに目が開かれる話です。

 牧師先生の話を聞きならが、つい、今日の聖書の箇所の先の箇所を読み進めてしまいましたcoldsweats01

 「ヤッファ」で幻を見たペトロは、時を同じくして“霊”のお告げを受けた百人隊長のコルネリウスの招きを受け、最終的に洗礼を受けるのです。

 そのことはエルサレムの教会に報告されるのですが、最終的に

(使徒言行録11章17~18節)
「『こうして、主イエス・キリストを信じるようになった者が、神がそうなるのをどうして妨げることができたでしょうか。』
この言葉を聞いて人々は静まり、
『それでは、神は異邦人をも悔い改めさせ、命を与えてくださったのだ」と言って、神を賛美した。」

 この人々が静まったしばしの時間が、人間にとって、貴いです。
 人間の中の、何かが変わるために、神様が与えて下さった時間です。

 もしも僕がその場にいたとしたら、どういう思いがもたらされるのでしょうか?

 そんなことを考えている際に、牧師先生から、ベトナム戦争時のアメリカ兵士、アレン・ネルソンさんの話が紹介されました。

 実は、私は存じ上げなかった方なのですが、ものすごく、重い、貴い経験をした方なのですね!

 まさに殺そうとしていたベトナムの女性の出産に気付き、その手で命を抱いた経験は、「敵国の人も人間なんだ」ということとに気づかせてくれたという話です

続きを読む "神が清めた物を、別け隔てなく"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実習生にこそ電子黒板を!

 昨日まで、教育実習生が来ていました。
 実習初日、私が中学3年生の授業で、電子黒板機能付きのプロジェクターと書画カメラを組み合わせて用いた授業を見せました。
 その続きのところを教えることになった実習生から、「電子黒板と書画カメラを用いて授業をしたい」との申し出がありましたので、使い方をレクチャーして、使ってもらいました。

 これからの時代を担う実習生に、電子黒板や書画カメラ等のICTを用いた授業の経験を積んでもらうことは大切だと思いました。

 更に、若い実習生からは、ICT機器を用いた新しい授業アイディアが、色々と出てくるもので、私のほうが参考になりました

Img01049
色を使い分けることで、時間で変化する内容も“印象深く”伝えることができていました。

「素晴らしい!」と思ったのと同時に、いや待てよ、と思いました。

続きを読む "実習生にこそ電子黒板を!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月21日 - 2013年4月27日 | トップページ | 2013年8月11日 - 2013年8月17日 »