« ネットを使わずともPC教室で動画学習&教え合い! | トップページ | (身近な統計2)データのばらつきの記述 (質的データ) »

2013.10.11

動画ではなく、生(ライブ)で見るから感じるもの

 物理IIで、コンデンサーの接続による合成容量の求め方を習います。
 並列よりも直列の方が、やや難しいのです。

Img01290_6

 この場合に実は、C1のコンデンサーと、C2のコンデンサーとに蓄えられている電荷は、同じ量です。

 それを私は、こう示します!

Img01291

 授業で持ち歩いているルーズリーフのバインダーにチョークで直接書き込みます!
 そのときの、生徒の「え、ええぇ~~」という雰囲気が、ちょっぴり小気味いいですcoldsweats01 

 生徒って、先生が何かを犠牲にしながら教えていると、「そこまでしなくていいとは思うんだけど、なんか僕たちのために頑張ってくれているぞ!」という気持ちで授業を受けてくれているような気が、長年の経験からしています。

 これを、動画で見ても、感動は半減だと思うのです。
 生(ライブ)の醍醐味です!

 授業の様子を動画で配信し、予習として家庭で見てもらう「反転学習」という手法が昨今注目を集めています。

 こういった演出がない動画は、面白さが足りなくて「家庭でも見よう」という気持ちも減るでしょうし、かといってこういった演出は“効果のないネタバレ”で、頑張って演じる方としては残念ですし・・・

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m

追伸:
 それでも、うまく構成すれば、僕でも反転授業ができる気がしています。

 動画での予習をしてこない生徒がある程度いることを前提に、だからどう対処するか、今いろいろと考えているところですcoldsweats01

|

« ネットを使わずともPC教室で動画学習&教え合い! | トップページ | (身近な統計2)データのばらつきの記述 (質的データ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/58360824

この記事へのトラックバック一覧です: 動画ではなく、生(ライブ)で見るから感じるもの:

« ネットを使わずともPC教室で動画学習&教え合い! | トップページ | (身近な統計2)データのばらつきの記述 (質的データ) »