« オンラインディベートへのお誘い | トップページ | 神が清めた物を、別け隔てなく »

2013.06.09

実習生にこそ電子黒板を!

 昨日まで、教育実習生が来ていました。
 実習初日、私が中学3年生の授業で、電子黒板機能付きのプロジェクターと書画カメラを組み合わせて用いた授業を見せました。
 その続きのところを教えることになった実習生から、「電子黒板と書画カメラを用いて授業をしたい」との申し出がありましたので、使い方をレクチャーして、使ってもらいました。

 これからの時代を担う実習生に、電子黒板や書画カメラ等のICTを用いた授業の経験を積んでもらうことは大切だと思いました。

 更に、若い実習生からは、ICT機器を用いた新しい授業アイディアが、色々と出てくるもので、私のほうが参考になりました

Img01049
色を使い分けることで、時間で変化する内容も“印象深く”伝えることができていました。

「素晴らしい!」と思ったのと同時に、いや待てよ、と思いました。

 色を使い分けるだけなら、黒板でやっても実現可能です。

 「では“電子黒板の機能ならでは”の要素を、授業にどう盛り込むのか?」と考えました。

#「“電子黒板ならではの機能”を考えて、授業を設計する」という発想は、
北海道のD-Project2のセミナーで学びました。ありがとうございましたm(__)m

 例えば「書き込みを全消し」→「Undo」→「書き込みの復活」→「進める(Undoの逆)」→「再びワンタッチで全消し」をすることで、“変化の念押し”をすることができます。

-----

 7日の金曜日、研究授業が行われました。
 「アナログの実験を通して教える」+「電子黒板機能を用いる」の2つを満たす研究授業をする、という目標を与えて、力のつり合いの授業が行われました。

 研究授業ですから、色々な先生方が見に来てくださります
 そこで実習生が、電子黒板を用いた授業を展開するのですから、「ICT機器を用いた授業はこんな感じになるのです」ということの宣伝効果が、バッチリでしたhappy01

 実習生にとっても、見学に来て下さった先生方にとっても、双方にメリットがあるWin-Winな研究授業でしたshine

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m

|

« オンラインディベートへのお誘い | トップページ | 神が清めた物を、別け隔てなく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/57553649

この記事へのトラックバック一覧です: 実習生にこそ電子黒板を!:

« オンラインディベートへのお誘い | トップページ | 神が清めた物を、別け隔てなく »