« 2012年4月8日 - 2012年4月14日 | トップページ | 2012年4月22日 - 2012年4月28日 »

2012年4月15日 - 2012年4月21日の4件の記事

2012.04.21

(地球科学1)『新しい地球観』から40年…

 以前書いた放送大学の番組から学んでいる話です。

現代地球科学入門
1.新しい地球観:変動する地球システム

 「人類の地球に対する見方や考え方の全体は、地球観という言葉で表されている」(p.10)とするならば、それは人間サイズ、つまり物の見える範囲内で地球を理解する、ということですよね。
 人の身長に比べて、地球は、でかい!
 そのために、人類の地球観は、当たり前ながら、当初は事実と大きくずれていた、と言うことを認識しながら学ぶこととが大切だと思われます。

 人類が新しい地球観を得ることができたのは、「新しい観測技術の開発、新研究領域の開拓、観測データの総合化など」(p.10)によって、今までの人類が分からずにいたことが分かった!ことに由来しますよね。

 私が大学1年の時に、上田誠也著『新しい地球観』が、授業の課題図書でした。
 その時、今まで海の下で見えなかった海嶺の存在、更には海洋底地磁気のしま模様の存在など、プレートテクトニクスを「をー」と思ったものですが、日本ではプレートテクトニクス理論が当初は受け入れられなかったのでしょうかcoldsweats01

 K/T境界(バウンダリ)は、北海道にもありまして、大学時代にも知っておりましたが、この隕石落下ということが“地球と宇宙の関わり”と認識し、隕石の研究が、地球史の研究、更には地球の物質科学的研究に繋がっていくのですね!

 このような、それぞれの研究領域の発展が、相互の未解決だった問題を紐解くことに繋がっているって、面白いです!

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m

 
 

続きを読む "(地球科学1)『新しい地球観』から40年…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.17

「事実」と「意見」の違いを、学校が教えないから…

 只今鋭意構築中の『ディベートのStairs(階段)』が、4段目:「事実」と「意見」 まで公開されています。

 そもそも『ディベートのStairs(階段)』とは、1段1段学んでいくと、ディベートについて深く学べる、という“カリキュラム”を示しているものです。
 私も長年、多くのディベート初心者に触れ、また、様々な初心者研修会やディベート入門セミナーに参加して、ある程度、ディベートを教えるための順番が見えてきたのですが、この「事実」と「意見」は、全100段のうちの4段目として、ディベートについて多くを学び始める前に知ってもらいたい知識の筆頭です。

 更には、この“「事実」と「意見」の違い”を、学校が教えないから、大きな勘違いをしたまま育ってしまう子ども達を多く輩出してしまっていると思っています。

--- 確認:「事実」と「意見」--ー

★「事実」とは、証拠をあげて裏づけすることのできるもの
 ○「事実」には定義がある
  A:・自然に起こる事象
    ・自然法則
    ・過去に起こった、人間に関与した事件
  B:・Aに関することで、然るべきテキストや調査によって、
     それが真実であるか否かを客観的に確認できるもの
 ○ 「事実」の記述は2価=正しいか誤りかのどちらかしかない

★「意見」とは、何事かについてある人が下す判断
 ○他の人はその判断に同意するかもしれないし、同意しないかもしれない。
 (=「事実」とは違い、「人それぞれ」があり得る)
 ○「意見」の記述への評価は多価=複数の評価が並立・共存し得る

-----

 よく「学校は答えのあるものばかりを教える」という批判を聞きますが、学校で扱うことは、「事実」ばかりでしょうかねぇ?
 確かに「科学=Science」(←数学を含む)は、自然法則という“事実に分類されるもの”を教えますから、そもそも答えのあるものばかりが教科書に記載されています。

 ですが、例えば原子力技術の応用の是非など、科学技術についての人々の下す判断は、答えがなく、「人それぞれ」があり得ます。
 また、大学へ進学すれば急に、答えがないテーマを探求し、何かを見出す「研究」という活動が行われます。

 そのような話をする時に併せて、「事実」の範疇ではない(「事実」の定義に当てはまらない)ことが、この世の中には、世界の人口以上あることを、学校は教えておくべきです!

 ですが、例えば「数学や物理の問題は、解くこと自体、また解けること自体が面白い」という人はいますよね。本校の生徒にもいます。
 逆に言って「答えがわからない状態」は、ストレスになります。

 ところが「事実」と「意見」に立ち返れば、答えがあるもの(「事実」の定義に当てはまるもの)の方が少なく、そもそも答えがない=「事実」の定義に当てはまらないものが、世の中にはたくさんあるわけです。

 小・中・高校を卒業するときには、“そもそも答えがない”社会に飛び込んでいくのです。この社会を生きる段階で、答えがないことに不安になり、ストレスを抱えてしまって当然です。

 更にそもそも、「事実」の定義にあることは、全て“過去”のことです
 即ち、“未来の答えが、現在にあるわけがない”(神様ではない私たちは、未来のことを予言・予知できるはずがない)のです。
 学校に、子ども達一人一の将来についての答えを与えた上で卒業させる、なんてことは不可能です。

-----

 結論として、本来学校がすべきことは、「事実以外のことには、そもそも答えがないものなのですよ」と、社会の本質を教えて、社会に旅立たせることではないでしょうか?

 それを知る根本の“「事実」と「意見」の違いを教える”ことを、アメリカでは小学校5年で扱うそうです。(木下是雄著『理科系の作文技術』p.102)
 一方でそもそも、“「事実」と「意見」の違い”を扱う『言語技術(Language Arts)』("Arts"には要領やコツの意味もあります)という教科を、ご承知の通り、日本では扱いません

 それですもの、

  • 「意見」を「事実」と誤解したり…
  • 「私は○○をすべきである」という意見に、その根拠となる現状の事実を確認しなかったり…
  • 「僕は□□のことが嫌いだ」という意見に、「人それぞれですねぇ」と、正しい割り切りができなかったり…

多くの勘違いをしがちな日本人が多いですよねぇ

 何とか、その現状を打破するためにも、多くの教育現場でこのことに気づいてもらいたいと思っています。

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m
@niftyの『ココログ』を用いてBlogを作成の方は、
ブログ広場」の小カテゴリー「ディベートに是非、ご参加下さいm(_ _)m

続きを読む "「事実」と「意見」の違いを、学校が教えないから…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《予告》第11回東北ディベート交流大会→5/26(土)27(日)

 毎年行われている第11回東北ディベート交流大会ですが、日程と開催市のみ確定しましたのでお知らせします。

日時:2012年5月26日()13時~27日()12時
場所:盛岡市
 (27日()の会場はアイーナ・いわて県民情報交流センターです)

 東北六県の皆さんほか、他地区の方もお越し頂ければ幸いです。

 また大会と並行して、恒例の「初心者講座」も開催する予定です。この春、中学や高校進学を機会にディベートを始められた方がいらしましたら、是非ご参加下さい。

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m
@niftyの『ココログ』を用いてBlogを作成の方は、
ブログ広場」の小カテゴリー「ディベートに是非、ご参加下さいm(_ _)m

続きを読む "《予告》第11回東北ディベート交流大会→5/26(土)27(日)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.15

放送大学“もぐり”で(^^;

 放送大学に入学したわけではないのですが(^-^ゞ、番組を見たり、ラジコで聞きながら学びたくなりました。

の3つです。

 統計学の基礎を身につけたいのですが、純粋な『統計学』は、大学でやったにも関わらず今の自分の頭の中にほとんど残っていないのでcoldsweats01、少し応用が入っていて身近な事例のものを少しずつやってみますrock

 現代地球科学は、大学の復習ですscissors

-----

 ちなみに、放送大学のテキストは、中々入手できないのですが、仙台では近年拡大が著しいジュンク堂書店のうちの仙台TR店(ヤマダ電機のあるビルの地下)に揃っていて、有りがたかったです。
 3冊買ったら、1万円超えちゃったのですがcoldsweats01

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m

続きを読む "放送大学“もぐり”で(^^;"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月8日 - 2012年4月14日 | トップページ | 2012年4月22日 - 2012年4月28日 »