« “1人1台のタブレット授業”を、高校ではあまり聞かないのは? | トップページ | 更にまさかの、しかし“怪我の功名”な2012年 »

2012.12.29

やはり教え手は、コンピュータではなく、人間…

 まずは下記の文章をお読みください。

酒井 邦嘉 著「脳を創る読書」p.78~p.83より引用します。
-----
(鉄腕アトムの)「7つの力」は、図の左上から順に挙げると次のようになる。
(1)聴力が千倍にできる。
(2)60カ国語をあやつる
(3)おしりからマシンガン
(4)目がサーチライトになる
(5)人間の心の善悪を感じ取る
(6)力は十万馬力
(7)ジェット噴射で空をとぶ

 このうち、(6)と(7)は運動に関係した付加機能であり、(3)と(4)はそれ以外の付加機能だ。残りの(1)と(2)と(5)がアトムの「脳」に関係してくる。
 さて、この7つ中から、現在の技術でも実現できそうなものを選んでいただきたい。最近行った一般向けの講演で、聴衆の皆さんに実際に挙手をして頂いたところ、ほとんどの人が(5)の「人間の心の善悪を感じ取る」は選ばなかった。確かに、人の心が分かるロボットの実現は遠い先だと思われているようだ。(中略)
 ところが、私の予想していた(2)の「60カ国語をあやつる」は、ほとんどの人が「実現できそうだ」と判断して手を挙げたのである。これには正直驚いた。一般常識を持つ人々と、言語を研究する者との間には、実は大きな見解の相違があったのだ。
 現在の人工知能の研究では、人間の言語を扱う「自然言語処理」と呼ばれる分野は、その重要性と期待とは裏腹に大きく取り残されている。要するに人間の言語のことはよくわかっていないのである。人間とまともに会話できるコンピュータは全く存在しないのだから、「1カ国語をあやつる」っことすらできない。まして、「2カ国語をあやつる」自動翻訳は夢のまた夢である。2003年(注:アトムの生まれたと手塚治虫氏が設定した年)を越えた今なお、人間の脳を超えるアトムは遠い未来のロボットなのだ。
 コンピュータの用意した質問に対して、人間側が「はい」か「いいえ」で答えるだけで、病気を診断したりこちらの思っていることを当てたりするソフトがコンピュータ開発の初期段階から作られた。これは機会と人間の会話に見えなくもないが、人間のほうから質問ができないのだから、会話とはいえない。機械が人間と会話できるためには、文の文法的な構造はもちろん、意味の認識プロセスや最低限の「想像力」をコンピュータ上に実装する必要がある。機械が「言語をあやつる」ためのハードルは高いのである。(中略)
 「60カ国語」をあやつる」ことと「人間の心の善悪を感じ取る」ことの2つが21世紀になっても宿題となっているのは、言語と心の「からくり」が脳科学で解明されていないからである。言語とは何か、人間の心とはなにか、という理解が科学的にできていない。だから、人間の心を理解し、言語をあやつるロボットを工学的につくることもできないのだ。たとえそれが擬似的に可能になったとしても、人間はその違いをすぐに見抜くことができる。
-----

 一番最後の部分「言語をあやつるロボットを工学的につくることもできないのだ。たとえそれが擬似的に可能になったとしても、人間はその違いをすぐに見抜くことができる。」を教育に当てはめれば、以下の結論に至るのだと思われます。

 「人間は、コンピュータに教わると、違和感を感じる」

 だから、ICTが教育に導入されても、“アナログの7”はゼロにはならない、と予想するのです。

 そして教員であれば、「会話(他者とのコミュニケーション)がなければ、学びには相当な困難や限界が生じる」という事実を、様々な場面で実感するでしょう。。

 仮に「ある問題に正解できない」という子どもがいたとします。
 原因がいろいろあるでしょうが、大きく分けて2つの原因が考えられます。

a.わからない
b.勘違いして誤答する

 このa.、b.について「どこがわからないのか?」「どこを勘違いしているのか?」は、教員側が学習者に見合った“様々な形で質問し”、わからない箇所や勘違いの箇所を見つけてあげて、それをもとに、教えますよね。

 コンピュターは会話ができませんから「(学習者に見合った)“様々な形で質問する」ができません。

 学習者の「わからない&勘違い」の箇所を正して「わかる」にすることは、アナログな行為であり、それができることこそ、教員が「先生」と呼んでもらうための、大切な資質だと思っています。

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m

追伸:
 ということで、教員という人間には、ICT機器をどのように活かせば授業にメリットが生じるのか、を考える(コーディネートする)ことが求められるのでしょうね…

|

« “1人1台のタブレット授業”を、高校ではあまり聞かないのは? | トップページ | 更にまさかの、しかし“怪我の功名”な2012年 »

コメント

「対面式授業最大の利点は先生が自分の書いた模範回答の『誤りに気づき』、『それを訂正する』2つの思考過程を学ぶことができることである」という名言があります。
学生がコンピューターやパワーポイントを使用した授業を嫌がる理由もここにあるのではないかと思います。

投稿: 金武@防衛医大 | 2013.01.04 03:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/56419027

この記事へのトラックバック一覧です: やはり教え手は、コンピュータではなく、人間…:

« “1人1台のタブレット授業”を、高校ではあまり聞かないのは? | トップページ | 更にまさかの、しかし“怪我の功名”な2012年 »