« 学力差が開くポイントは、学年ごとに異なっている!? | トップページ | “教育の多忙”を回避するコツの1つ »

2012.12.08

“教員の多忙”を考える

 ある方からお借りして、群馬教育委員会・財団法人社会経済生産性本部コンサルティング編『教員の多忙を解消するを読了しました。

 以前「やい、仕事! お前は鬼だ!悪魔だ!」とか言っていたり、「会議の8連鎖」なんてくらっていたり…妻や、先輩・同僚の先生方からも「何でそんなに忙しいの?」と言われて、説明できない自分が、恥ずかしくもあり不思議でもあったのですが、この本を読んで、教諭という仕事の特徴を捉え直すことが出来ました。

-----
(p.31より)※(1)などの半角カッコ数字は、本来は丸数字

(5)仕事の特徴
 調査や業務改善を通じて、教員の仕事についていくつかの特徴が見えてきました。

 (1)仕事に関係する人が多く、種類も多い
 教員は、主に児童生徒に対して授業をしますが、学級を経営するには、保護者や学校内外の教職員、地域、行政、任意団体、業者など多くの人と関わりを持つことになります。例えば、校内マラソン大会では、(中略)

 (2)終わりがない
 (中略)すべての授業は一年に一回しか行われません。また、今年と同じ学年を来年も持つことは少なく、教員歴が長くても初めて担当する学年もあったりします。(中略)
 より良い授業を目指す中では、教材研究に終わりはなく、ゴール設定が難しいということがあります。これは仕事の生産性で言えば質の部分に当たります。

 (3)急を要する
 主に児童生徒に対する仕事の特徴です。
 授業などは日程が決まっていて計画が立ちますが、生徒指導や病気などは飛び込み的に発生します。
 対応が遅れたり、誤ったりすれば、取り返しのつかないことになるため、他の仕事よりも優先されます。(中略)

 (4)役割分担が明確でない
 (中略)教員としてどこまですればよいのか、どの程度まですればよいのかなどの判断ができにくくなります。もし全ての要望に応えようとすることになれば、多くの時間と労力などが必要となります。
 課外活動についても同様のことが言えます。(中略)

 (5)学校・市町村固有の仕方がある。
 (略)

 (6)計画に準備時間が入っていない
 教員が授業以外に使える時間は、児童生徒が帰宅した後のわずかな時間しかありません。そのため計画が重要となります。
 仕事において時間が表記されているものは、校時表や年間指導計画などです。これらは児童生徒に対する本番の授業時間と日程などです。しかし、それを実現するための作業について、計画段階で準備時間をスケジュール化している人は少ないのです。
 計画を立てても生徒指導や急な依頼などの飛び込みによって、計画倒れになることはあります。しかし、作業軽減するには、計画を充実させていくことが望まれます。

-----

 教員は、

  1. より良い教育を展開するためにはどうすればいいのか」という、答えや正解のない課題に取り組んでいる
  2. “どれだけの時間をかけて考えれば閃くのか?”と言われても分かるわけがない=そもそも準備時間の計画が立てられない状態である
  3. “ある程度の質”(=生徒が、学習内容が、わかる)と“結果”が求められる
  4. 目標達成のために当然、計画的に~~の仕事をしようと、出勤前や朝は思っていても、想定外の仕事が生じたり、急に多方面から(=複数の)頼まれ事(仕事)が増える
  5. ⇒結果的に、やりたいこと全ては、1日24時間ではこなせない!
  6. 締切を守る必要のあるものだけは、寝る時間を削ってこなす必要がある。

・・・相当のストレスを抱えたり、病気になったりしますよねぇweep

 ただ、引用した(1)~(6)を念頭に、「教員の仕事にはそういう性格のものなので、裏をかいて多忙を回避する」くらいの取り組みが出来る方がいいのかもしれません。

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m

追記:同書より、〈“教育の多忙”を回避する〉コツについて書かれた部分をまとめた記事を書きましたので、そちらも御覧くださいhappy01

 なお引き続き、教員の仕事の多忙を解消するためのアイディアについてご助言があれば大募集です!
 色々良いアイディアやコツを、教えて下さいm(__)m

|

« 学力差が開くポイントは、学年ごとに異なっている!? | トップページ | “教育の多忙”を回避するコツの1つ »

コメント

確かに、これは問題になってますよね。
子供と接する時間を思い切り楽しめるようになればいいいですね。

投稿: 勉強嫌いの子の家庭教師かずき | 2012.12.09 06:00

>かずきさん
 コメント、ありがとうございますm(__)m

 教えて、わかってもらえば、教師冥利に尽きます!
 そのための時間をどう稼ぐのか?
 小学校であれば、教材&教授法にICTが用いられて、“良い実践のデータが教員間で、互いにたやすく交換できる&子ども達に対応するために手を加えてもOK”という状態になるのはどうなのかな?とも思います(^^)

 公立中高一貫校など“新しい教育”を求めようとすると、中学校&高校では、相当大変です(^^;

 多忙改善のアイディアがありましたら、いろいろとご助言ください。(後日、この本の感想をもう1つUPする予定です)
 今後とも宜しくお願いしますm(__)m

投稿: NAKO-P | 2012.12.09 08:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/56281087

この記事へのトラックバック一覧です: “教員の多忙”を考える:

« 学力差が開くポイントは、学年ごとに異なっている!? | トップページ | “教育の多忙”を回避するコツの1つ »