« ICTでの自由な学びと、学習の評価 | トップページ | 〔「平等」「公平」な教育〕 vs 〔ICTによる自由な学び〕 »

2012.11.06

教員のUstream発信は“安価で強力な武器(ツール)”

Img00745

 『ディベート』という、日本ではまだまだマイナーで誤解の多い競技の普及に取り組んでいます。
 東京など都会ですと、共にディベートに取り組んでいる人は多いのですが、東北・仙台ですと、ディベートの仲間を探すだけでも途方に暮れる、という状況ですweep

 それが、写真のような、身の回りの機材+さほど高価ではないPCパーツで、しかもスタッフは1人で十分で人件費もかからず、全国に発信し、現地に来れない方々と共に楽しめる、ということは、私にとっては相当貴いことです!

 今回『宮城ディベート“楽しみ隊”』の第33回例会に参加して下さった東北大学の板井さんの感想を、ぜひご覧ください。

-----

 ディベートだけではありません。
 今年の9月末に、本校の複数の有志教員で、大阪の実践を参考に、第1回の『デジタル教材勉強会inSENDAI』を開催しました。

 こちらもUstreamで配信して、「興味があるけど、その日は仙台まで来れない」という方々と共に学ぶことが出来ました。
 寄せられた感想です。

… … …
 昨日はどうもありがとうございました。大変興味深く拝見させていただきました。離れていても参加できるって、すごいですね。
 デジタル教科書でこんなこともできるのか~と感心することしきりでした。
 機械には疎いため、実践するまでかなりのハードルがありそうですが、これからも勉強させていただきたいと思っております。今回は自分にとってデジタル教材研究の第一歩でした。このような機会を設けてくださって本当にありがとうございました。
… … …

 距離が離れていても、開催の趣旨、そして、伝えたかったことが、伝わっています!
 主催する側として、ものすごい喜びです!

-----

 このUstream配信、実際には大したことをしているわけではありません。

 『USTREAM日本語サイトの使い方・ライブ配信マニュアル』のサイトを参考に、この夏までできなかったUstream配信が、私でもできたのです\(^o^)/

 今回の私の機器構成をご紹介します。

#(念のためにお伝えしますが、「これではなくてなならない」ということは全くありません)

要は「動画」と「音声」を同時に記録し、合成して、サーバにアップする。

●手元にあったデジタルカメラで動画撮影
 →『美男子の捕獲術 エントリーモデル』(1,750円)という、アナログ動画をデジタルにして、USBでPCへ入力

 □デジタルカメラで長時間配信するために、今回はACアダプターを購入しました。
  ですがここではACアダプターの価格を書きません。
  後日、解説します。

●マイク2本からの音声をアナログミキサー3,950円)で合成して出力
 →出力されたアナログ信号を『Sound BLASTER Easy Record』(2,200円)でデジタルにして、USBでPCへ入力

 ○なおその際、SHIYA製『NC-101A』という、ワイヤレスマイク(2,320円)を使っています。

◆USB2系統で入力された動画と音声を、『Ustream Producer』(無料版)で合成し、UstreamサーバへUP

… … …

 当然、Ustreamのアカウント取得は無料なので、かかった費用は

 1,750+3,950+2,200+2,32010,220円です!

※よく考えると、ワイヤレスマイクはなくてもOKですよねwink
*なお、アナログミキサーとワイヤレスはAmazonで購入した際に、送料がかかっていますcoldsweats01

 一昔前から比べたら、相当安いです!

 また、例えば「テレビ会議システム」などと比べたら、ワンウェイな発信ですけど、断然安いです!

 応用範囲も広く、教員にとって強力な武器(ツール)になりそうだ、と思って頂けたらな幸いですhappy01

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m
@niftyの『ココログ』を用いてBlogを作成の方は、
ブログ広場」の小カテゴリー「ディベートに是非、ご参加下さいm(_ _)m

追伸:後日、機器選定から『Ustream Producer』の設定など、細かいところを解説します。

|

« ICTでの自由な学びと、学習の評価 | トップページ | 〔「平等」「公平」な教育〕 vs 〔ICTによる自由な学び〕 »

コメント

医用工学の授業でiPad、iPhoneを用いたICTの実演がありました。

最近のスマートホンは高性能カメラを備えているので、更に安価で十分な環境を構築することができるかもしれません。

投稿: 金武@防衛医大 | 2012.11.11 00:43

 金武さん、コメントありがとうございました!
 スマホをUSB等でPCに接続した場合、カメラ機能をライブカメラとしてPCが認識するのかどうかがポイントになりますよね。

 私は一応、配信成功にまで至りましたが、もっと手軽に安く配信成功している方もいらっしゃるでしょうね!

 そのような方からの情報を得て学びたいと思い、新しい記事を作成しましたhappy01

投稿: NAKO-P | 2012.11.13 06:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/56052948

この記事へのトラックバック一覧です: 教員のUstream発信は“安価で強力な武器(ツール)”:

« ICTでの自由な学びと、学習の評価 | トップページ | 〔「平等」「公平」な教育〕 vs 〔ICTによる自由な学び〕 »