« 「ICTを使おう」という場で、実は参加者は使っていない | トップページ | (身近な統計1)論より数字、勘より統計 »

2012.06.12

もしも、愛が神から出なかったら…

ヨハネの手紙 一 4章7節
「愛する者たち、互いに愛し合いましょう。愛は神から出るもので、愛する者は皆、神から生まれ、神を知っているからです。」

 先日、朝の礼拝が英語礼拝で、日本に来ている宣教師の方が「愛は私たちの周りで生み出されているのではなく、神の元から降りてきているのですよ」と力説していました。

 その時まで気が付かなかったのですが、もしも、愛が神から出されず、私達のところにもたらされなかったら、人間は社会を保つことができないのでしょうね。人々は、自分が生きること、子孫が生き延びることだけを考える、荒れた社会になるのかもしれませんね。

 「互いに愛し合う社会の貴さ」を、改めて感じます。

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m
@niftyの『ココログ』を用いてBlogを作成の方は、
ブログ広場」の小カテゴリー「ディベートに是非、ご参加下さいm(_ _)m

追伸:
 続く箇所「愛することのないものは神を知りません。神は愛だからです。」も、奥が深いです。
 ここでは全員がクリスチャンに、という強い主張をするつもりはないのですが、仮に無宗教の人が、愛を知った人間として社会で生きるためには、どうしたらいいのかな、と。すごく本質的に外せないノウハウが、そこにはあるはず、です。

|

« 「ICTを使おう」という場で、実は参加者は使っていない | トップページ | (身近な統計1)論より数字、勘より統計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/54940049

この記事へのトラックバック一覧です: もしも、愛が神から出なかったら…:

« 「ICTを使おう」という場で、実は参加者は使っていない | トップページ | (身近な統計1)論より数字、勘より統計 »