« [当Blogより] ※ディベートの教材・情報をお求めの方へ | トップページ | 【'11高校】道州制にまつわる現状の問題とは? »

2011.05.22

【'11中学】“悪い”と問題にする“価値”基準は?

 前回の記事に書いたように、論題に関して予備知識がほとんど持ちあわせておらず、ディベートができるような段階にすら至っていないのなら、論題に関連して「現状の何が問題だと指摘されているのか?」を調べてみてはどうか、という提案をしました。

 本校の中学生が調べたところによると、「選挙の棄権が多くなれば、政治家がより好き放題な事をする」という問題行動が助長される、という証拠資料があるそうです。

 実は、これだけでは、問題が指摘された、とは判断できません。
 政治家が好き放題をすることがなぜ“問題”なのか、を示す必要があると、私は考えます。
 価値の提示です。

 「え?好き放題されることは、悪いことでは?」と思うディベーターがいるかもしれません。
 ですが、好き放題に、いいことをする、という可能性は捨て切れませんよね。

 「好き放題」という言葉を聞けば、悪いこと、と一義的に悪い印象を持ってしまうディベーターは、注意しましょう。
  「好き放題“に何をされてしまう”のか?」
  「そもそも好き放題“自体”が悪いのか?」
  「“誰にとって”悪いのか
?」(好き放題できる政治家自身にとってはいいことのはず…coldsweats01

 そのことは「悪いことだ」と示す資料があれば、「いや、それ(政治家の好き放題)は一概に悪いとは言えないのでは?」という反論(更にはターンアラウンド)を防ぎ、肯定側の立場を守ることに成功するかもしれません

 さて、どのような資料があれば、「それ(政治家の好き放題)は悪いこと」と示せるのでしょうか?

 色々なパターンが有るとは思いますが…

 

 例えば

  • 政治家が好き放題に悪いことをした、という事例の資料
    「好き放題」の悪い具体例を示すことで、「好き放題」が悪いと決着づける)
  • そもそも政治家は、好き放題なことをしてはいけない
    あるべき姿とは違うので、悪いことだ、と示す)

などが考えれられます。

-----

 その生徒は「政治や政策の方向を示すことこそ、政治家本来の姿」という資料を見つけたそうです。

 …うーん残念(^^;
 「好き放題に取り組んではいるが、結果として国民に良い政策を示せる事例がある」かもしれませんよね。

 「好き放題」がダメ、と言いたければ、あるべき姿は「好き放題ではない」と、好き放題の真逆であることが明示された資料が必要ですね。

 ということで、この方向性(資料の組み合わせ)では、「現状には~~という問題があります」ということが示せないので、この段階で「資料があっても立論が成立しない」恐れを感じて、もうちょっと考えてもらうように伝えましたbearing

-----

 肯定側が内因性を示せるようになるまでには、コツが必要なのかもしれませんね

 「問題を探させる→それが悪いという“価値の基準が明示”された資料を探させる」という手順が初期のディベーターにはいいかな?と思ったのですが…ほかの指導方法などの情報を伺うことができれば幸いです。

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m
@niftyの『ココログ』を用いてBlogを作成の方は、
ブログ広場」の小カテゴリー「ディベートに是非、ご参加下さいm(_ _)m

|

« [当Blogより] ※ディベートの教材・情報をお求めの方へ | トップページ | 【'11高校】道州制にまつわる現状の問題とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/51743931

この記事へのトラックバック一覧です: 【'11中学】“悪い”と問題にする“価値”基準は?:

« [当Blogより] ※ディベートの教材・情報をお求めの方へ | トップページ | 【'11高校】道州制にまつわる現状の問題とは? »