« 感謝して、新年度へ羽ばたく | トップページ | やっぱり断捨離だ! »

2011.04.05

「文房具集め」は、学校ならではのボランティア!

 前回前々回とで、少し大風呂敷を広げすぎた感があるのですがcoldsweats01

 着実にできる見込みの高い計画を立てて、でも予想以上の成果が得られると嬉しいですhappy01

 本校の職員室は、年度の変わり目に、机の移動があります。
 そのタイミングで「津波で全てを失った生徒及びそのご家庭向けに、もしも身の回りに余分な文房具がありましたら、ダンボール箱へ入れて下さい」と呼びかけたのです。

#この活動には、有志の教職員の方々が協力して下さりました。
#「学校だったら文房具とか集まるよね」というのは、ある先輩の先生のアイディアです。
#また、机の移動のタイミングがいいというのも、ある先生のナイスアイディアでした!
#ということで、良い取り組みをしているときには、往々にして、良い知恵が与えられますshine

 結果を御覧下さい。

110404_112301

見事に大きなダンボールいっぱいの文房具類!

 更に「生徒に無料で配布した後に残った文房具は、ボランティア団体を通じて、被災地に送ります。」としたところ、「惜しみなく献品しても大丈夫ということですね!」と、趣旨と仕組をご理解して下さった方々いらっしゃって、嬉しかったですhappy02

 この文房具は後ほど、有志の方々と協力して仕分けをして、生徒に無料で持って行ってもらう機会を設ける予定です。

… … …

 ですが、最近は物資も十分に届いているという情報を耳にしている私は、内心「余った文房具はどうしよう?」と思っていたのですが、最近私が関わっている『必要物資・支援要求マップ 311help.com』に、石巻の保育所で色鉛筆などを欲していることが分かりました!
 このようなニーズが一例でもあれば、津波の被害があった他の地域の幼稚園・保育園でも同様なニーズが生じるであろうと推測されます。

 まずは本校の教員として、本校の生徒、そして生徒のご家庭のことを考えて動きます。最も身近な隣人のため、という狭い範囲での動きではありますが、しかしその動きは具体的なものとなりました。
 ですがそれに留まらず、この善意が、他の被災地域の方々にとっても有益になるよう、ボランティア精神をもう少々発揮して、援助させて頂けたらと考えております。

 「これを期に断捨離して部屋の物品を減らしたい」というところに端を発して、何とか一つ、形になった次第です。引き続き応援して下されば幸いです。

~~~~~

今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑のバナーをクリックして下さいm(_ _)m

|

« 感謝して、新年度へ羽ばたく | トップページ | やっぱり断捨離だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/51305249

この記事へのトラックバック一覧です: 「文房具集め」は、学校ならではのボランティア!:

« 感謝して、新年度へ羽ばたく | トップページ | やっぱり断捨離だ! »