« 2010年9月12日 - 2010年9月18日 | トップページ | 2010年10月31日 - 2010年11月6日 »

2010年10月3日 - 2010年10月9日の1件の記事

2010.10.04

プランでは殺処分が、減らない!?(reflect on 中学論題:1)

 「ペットの売買を禁止しても殺処分は減らないのではないかと推測しています!」と言うと、今年の中学論題に取り組んでいた方々は驚かれます(^^;

 今年のディベート甲子園・中学論題での試合で、ペットの売買が禁止されると、捨てられたペットの殺処分が減る、という議論をよく耳にしたと思いますが、一旦考えて下さい。

 減るのは、犬ですか?ネコですか?ウサギや小鳥などの他の動物ですか?

 …実際のところ、今年のディベートで扱われたのは、犬・ネコのケースが多いですよね。

 さて、以下の4つのうち、最も殺処分されているのは、どれでしょうか?

  [ 子犬 ・ 成犬 ・ 子猫 ・ 親猫 ]

 どうぞデータを御覧下さい。

 http://www.city.sendai.jp/kenkou/doukan-c/pdf/001.pdf
 http://www.city.sendai.jp/kenkou/doukan-c/pdf/002.pdf

 http://www.pref.miyagi.jp/doubutuaigo/管理業務(H21).pdf

 犬とネコを比べたら、殺処分は、ネコの方が一桁多い数で行われています。
 統計的には、一桁違うって、有意な差だと思います。
 この段階で、メリットが「殺処分の減少」なのに「犬とネコとを一緒くたに扱っている議論」や「犬の例だけを挙げて現状分析を行って内因性の説明を試みている議論」は、怪しい、となります。

 さて次に、ネコはネコでも、親ネコと子ネコでは、子ネコの方が殺処分数が明らかにに多いですよね。

 さて、その理由を知っている人も、当然いるとは思うのですが、その「殺処分は子ネコに対して行われるのが最も多い理由」を“ネットや書籍のリサーチ”だけで知った人がいたら、是非コメントを下さいm(__)m

-----

 御存知の通り本校は、その理由を、仙台市動物管理センターの職員の方から伺って、初めて分かりました。

続きを読む "プランでは殺処分が、減らない!?(reflect on 中学論題:1)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月12日 - 2010年9月18日 | トップページ | 2010年10月31日 - 2010年11月6日 »