« 2009年10月11日 - 2009年10月17日 | トップページ | 2009年11月1日 - 2009年11月7日 »

2009年10月25日 - 2009年10月31日の3件の記事

2009.10.31

「本を借りるまで」のところで、学んでほしいこと

 これは、29日(木)の話です。
 例の中1には、本の探し方について先輩に聞くように言ったのですが、「先輩に会えない(ので本は探せてない)」とのことでした。

 …中学部長のクラスが新型インフルエンザで学級閉鎖など、今は部としての活動が機能していない状態…なのかな(^^ゞ?実は把握できていません。これから先2年は自主的な活動を「じゃ、やってごらん」という期間にしたいと考えているので(機会があれば改めて記事にします)

 そこでひとまず、昼休みに学校の図書館へ行き、司書さんに「時効に関する本がありませんか?」と聞くように指示してみました。

 放課後「司書さん、何て言ってた?」と聞いてみると…
 何故か、あいまいな返事しか返ってこないんですよ。

 ぱっと閃くんです。

「まだ図書館に行けてないんだね?」
「…はい」
「じゃあ、こうしたやりとりで時間を損するよりは、すぐに図書館へ行ってきなさい。ちなみに『事実と意見』って、やったでしょ?図書館に行ったか否かは“事実かどうか”だから、行ったか行ってないか、しかないんです。行ってないとするならば、もう仕方がないことだから、でも悪かったなと思ったら『ごめんなさい』と謝って、すぐに行ってきます、とした方がましだよね。このことは、ディベートができるかどうか、ということだけじゃなく、今後の君にとって大切なことだから、よく分かってね」

 ・・・と、ここから指導するのがディベート部の活動だと思うんです。

 「そんなことから?」と思う人がいるならば、それは「既に成長し終えた視点」なんです。
 顧問の指示を守れなかった、怒られる、どうしたらいい?という不安から解放して、望ましい行動を諭して行動させ、「成功体験を積ませる」ことが教育的な配慮・指導だと思います。

 そして図書館から帰ってきた彼は…本を抱えているんですよ!
 「をを、すげぇ」との印象。
 まずは、きちんと司書さんに「時効に関する本はありませんか?」と尋ねることができたこと、そして「本校の図書館にも時効に関する本があったのか!」と。

 ですがその本は…

続きを読む "「本を借りるまで」のところで、学んでほしいこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.28

まず、本を探すための情報を探せ!

 先程書いた通り中学1年の部員が2人から1人になりました。

 彼にはできれば、3年間で(=彼が高校1年になる頃)、ディベートについて理解を深めてもらいたいなぁ、と思っております。
 そのための道のりは長そうです(^^ゞ

 ディベートについて少しずつ理解を深めてもらうためのプリントを利用しつつ、あとはやはり、実践という経験を積んでもらうしかありません!ディベートはやはり、経験が大切な競技だと思います。

 そこで、この度決まった、'09東北地区【共通論題】の「日本は重大犯罪に対する時効を廃止すべきである」を用いた指導を始めました。

 以前こちらのBlogで、「論題発表後の最初の一歩は?」という問いかけをしましたが、結局中学1年生で、予備知識も何もない場合には、論題に関する本を読んでもらって、まずは予備知識を得る作業をしてもらおう、と考えました。

 このあたりは、能代高校の話を聞くなどして「やっぱり本を読むことから始めるのがいいのかなぁ」というのは、一度(2004年の段階で)考えたことはあったのです。

 で す が、

  1. 「そもそも時効に関する本って、どんなのがあるの?」ということも分からない。
    ⇒それをまず調べよう
  2. 本があったとして、その本はどこに行けば読めるの?
    ⇒図書館の蔵書検索について知ってもらおう

という作業をしてもらうことが、本を読む前段階として必要だと考えました。

 この“前段階で必要”な項目に気づき、教える順番を整えることが、カリキュラムの編纂、だと思います。
 ディベートに関して、この作業をして、広く公開して下さる方、誰かいませんかねぇ?

 今日の私は出張で、午後には学校にいませんでしたので、「(上記2点を)先輩に聞いてごらん」という指示をしました。

 出来ているかなぁ?

 出来てなければ、それを踏まえて、指導すべき内容を考えます。

~~~~~

今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑のバナーをクリックして下さいm(_ _)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

教え(teach & study)と支援(coach & learn)

 池田先生のBlogから、貴重なタイミングで、教えを頂戴しました

 また池田先生は、2005年の段階で、指導の在り方に関する仮説を立てておられるのでした。

 今が2009年、4年も気付かずにいたのかと思うが、きっかけがなければ何かを理解することは難しいものだと、身の回りを観察したり、自分を反省したりしながら思うわけです。

-----

 ディベートの指導に関しては、「演劇主義」と呼ばれるものが批判の対象になっています。
 (具体的にはこちらをご覧下さい)

 では批判されないもの、つまり「演劇主義“ではない”」ディベート指導、とは、最終的には、自分で議論を考え、原稿等も自分の意思で自らが作成するように指導することかと思われます。

 今回、うちの高校生が、新人の中学1年生の2人を、この望ましい方向で指導していました。

 結論として、部員が1人、辞めました。

 最終的に分かったのは、辞めた部員は、本来別な夢を持っていて、その方向で歩みを始める下地が整ったということなので、最終的には円満な退部となったのですが、そこに至る途中で、双方のわだかまりを解くまでは、正直、焦りました。

 というのは、やはり、今の私たちの部活動では、新人に対して、ディベートを適切に指導できない、という現実を付きつけられた形になったからです。

 もう片方の1人が、部に残ってくれたことが、本当に有り難いことでした。

-----

 事の要因は、シンプルです。
 指導する側も、指導される側も、一生懸命だったので、双方に非がないと言えるのですが、残念ながら、互いに未熟だったことが要因だった、と思っております。

 教育では「発達段階を考慮する」ということがとても重要であることを、更に痛感したのです。

 今回は、本校OBと、「首都機能移転」についてディベートをして、後輩たちの経験を積もう、というものだったのですが、そもそも中学生に予備知識や判断能力が不足していれば「自分で考えろ」「自分の意見を出せ」と言っても、所詮無理なんです。

 教育的な視点を持っていれば、「では別な方法を」となるのですが、指導する側もまだ高校生ですから、自分の経験を元に「ディベートでは自分で考えないとダメなんだぞ!」と指摘するわけです。
 頑張っても考えが浮かばない中学1年生は行き詰るわけです。
 ディベートに取り組む意欲は一気に失せて、部活が辛いと…。

 はたから見て可哀想でした。他の部員も「想定していた幾つかの結果のうち、最も悪いものに至ってしまいましたねぇ」という感想でした。

-----

 かといって、他の部員も、「ディベート自体が嫌いでないなら、別な方法は幾つもありますよねぇ」と、アイディアはあるのです。

 それを、適切に繰り出せるのが、「教育的配慮」というものです。

 池田先生の理論では、指導の対象の様子を適切に把握し、教え(teach & study)て訓練をさせることと、自発的な要請に応じて支援(coach & learn)して伸ばすことを使い分け、学習者が混乱なく学びを深めて成長させることの必要性を、モデルで示して下さってます。

 それを「ディベートの指導」で確立するに至っていないと、私は思っています。

 「演劇主義」批判については、趣旨は理解できるのですが、残念ながらまだ一方的な見解であり、教育現場からは「そうは言ってもねぇ」という受け取りしかされていないのではないかと思われます。
 それは「批判が成功していない」状態と判断します。

 特に小中学生のような、発達段階を考慮する必要のある児童・生徒を対象とした、望ましい「ディベートの指導法」を確立させなくてはならないのかな、と思います。

 僕も今までのノウハウをいったん整理し、体系的なディベート指導法の提示を一回する時期なのだろうと思っているんです。時間とエネルギーをその方向に割きたいところです。

~~~~~

今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑のバナーをクリックして下さいm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月11日 - 2009年10月17日 | トップページ | 2009年11月1日 - 2009年11月7日 »