« 報告:Skypeディベート | トップページ | Online-Debate 移設します! »

2009.06.20

Skypeディベートでの技術的な点の気づき

 これからSkypeでのディベートをやってみよう、という方が登場した時のために、気をつけた方が良いと感じた点を記しておきます。

1.マイクとハウリング

 前回書いたとおり、ミュート機能のあるマイクを買うのが良いです。

 私はミュート機能があるマイクの中で、「ハウリングを起こしにくいかな?」と思って「指向性」のあるマイクを買ったのですが、「指向性」はない方が良いことが分かりました。

 なぜなら、ディベーターはフローシート見たり、原稿を読んだりしながらスピーチをするのですが、すると口の前に指向性マイクがない(自然と口が原稿の方を向く)ことが多く、相手に音声が十分に伝わらない、という感じになります。

 「指向性がないマイク」だと、少なくともマイクの近くでスピーチしていれば、十分に音声を拾ってくれます(^^)

#「あーダメだー」などの残念なつぶやきまで丁寧に拾ってくれます(笑)

 それから、Skypeでディベートをする際には、相手の音声をみんなで聞くため、PCのスピーカーを使うのですが、その音の出方とマイクの位置関係等で、ハウリングが起きます。

 尤も、PCからの雑音を自動的にカットするマイクもあります。

 今回「ハウリングを起こさないように」と買った指向性マイクが、最もハウリングを起こす結果となり、「失敗した~」と思っております(^^ゞ

2.音声が切れるケースと対処

 今回、アフターディベートの最中に音声が切れる、というケースがありました。
 実際には何が原因か(ネットの経路のどこがボトルネックになったか)不明なのですが、南山中女子部の皆さんから「雷が落ちたからから、かな?」との報告です。

 なおSkypeには、音声が切れてもチャットで文字が送る機能があるので、そういった事態になってもコミュニケーションを図ることができます(^^) 相手の音が聞こえなくなったら、チャットで相手に呼びかけてみるといいです(^^)

3.音声の保存形式

 Tapurの設定なのですが、何も考えていなかったので、黙ってwev形式で保存していました。
 ファイルサイズが大きいのは、後々、様々な点で困ります(^_^;)
 mp3形式で保存できるように設定することをお勧めします。

 ただ、Skypeディベートの実践を続けていくと、A3のフローシートやオンDのテキストとは違い、すぐにWebサーバーの容量が満タンになるくらいのデータ量になってしまうのですね(^^ゞ この点に関しては、個人とか学校1校で何とかなる話ではなさそうな気がしてきました

~~~~~

今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑のバナーをクリックして下さいm(_ _)m

|

« 報告:Skypeディベート | トップページ | Online-Debate 移設します! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/45392582

この記事へのトラックバック一覧です: Skypeディベートでの技術的な点の気づき:

« 報告:Skypeディベート | トップページ | Online-Debate 移設します! »