« 2008年11月9日 - 2008年11月15日 | トップページ | 2008年11月23日 - 2008年11月29日 »

2008年11月16日 - 2008年11月22日の5件の記事

2008.11.22

〔コネタマ〕やっぱり朝イカのイカ刺し!

 函館出身の私は、美味いイカを食べることができた時が幸せです。
 その日の朝に水揚げされたイカを、トラックが近所に売りに来るのですよ。
 父が器用で、イカ刺しにしてくれるんです。あぁ、ごはん3杯は行けます!
 ちなみに、イカ刺しには醤油です!そーめんつゆで食べるのは、イカの水産物的なうまさが損なわれる気がしてます。

 道南地方の旅館に泊まると、朝イカがおかずに付くことがあります。
 ご飯がすすむこと間違いなしです!

コネタマ参加中: これさえあれば、ごはん3杯!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6K学級通信:No08-13

彼のあだ名は…(前編)

 今回も僕が高校生の時の話です。地元の高校(江川達也作『東京大学物語』の背景に描かれている)では、5教科500点満点で、難易度が高く、そう点数は稼げない実力試験が行われていました。高1最初の実力試験の結果を見ると、国・数・英が90点台後半、でも世界史5点、生物が10点台、という驚きの得点パターンの生徒が全体の3位(だったと思う)になっていました。当時、世界史と生物が必修だったのですが、彼は「受験は地理、物理、化学を選択して東大に行きます」と、高1の最初から理社の授業は内職で、それを曲げなかったそうです。(ということで僕も、受験に関係ないと思いつつも、高1では世界史、生物でした)どんな奴なんだ?と思っていましたが、陸上部だった彼は実際に会ってみるといい奴でしたhappy01

 そんな彼は確か高2の時に転校します。「東大、行けたのかな?」と気になっていたところ、彼が転校した先の高校から進学してきた人と大学で同じ部活になりました。3年ほど経ってその人に「そういえばうちの高校から転校した○○君って知ってる?」と聞くと「ああ、東大君ね」との答え。そのあだ名に衝撃を受けましたが、更にその結果は…(続く)

… … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 

 奨学会等で紹介すると約束していた彼の話ですが、読んでみてどうでしょうか?時間の無駄がない人生を望むでしょうが、必要なものだけを効率的に取り入れて成長できた人ってどんな人になるのでしょう?息を吹き込んだ風船が丸く膨らむような成長、はいかがですか?

 … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 

 来週からは時間割が変更になります。2時間続きの授業はセンター演習です。
 また、放課後の講習も変わります。全ての科目がセンターで最大限効果を発揮することを目的に行われます。今が踏ん張り時です。センター受験者は必ず出席して下さい。なお出席できないセンター受験者からは、どのような学習に時間を割り当てているのかを伺います。

~~~~~

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.21

「出来ない理由を言わない」ことの大切さ、苦しさ

 去る11月2日(日)、「第20回 進学フェスティバル in みやぎ」(進学情報Can)に、本校の募集対策委員会の担当として行って参りました。

 私立学校の進学個別相談会が終わった後、フェスティバルの20回を記念して、中村文昭さんの特別講演が行われました。

 最初、中村さんのお名前を伺って、すぐには思い出せなかったのですが、プロフィールに「職務質問を受けた警官が友人第1号」とあるのを見て、そういえば最近話題になっている方だなぁ、と思いました。

 講演の内容は、評判通り「流石!」というもので、副校長からペンを借りてメモを取りながら聞きました。

#自分の4色ボールペンを、本校から学校紹介のために来た生徒に貸したのですが、
#この時、返してもらうのを忘れたことに気づくのですcoldsweats01後日返してもらいました(^^)

#講演の内容はネット上に色々あるのですが、同じ講演を聞いた方と思われる方の
#記事が【こちら】にあります。

 幾つも心に残っているのですが、その中で「出来ない理由は言うな!」というのが、引っかかっています。

 これは、大切で、様々なメリットがあります。

  • 出来ない理由を述べるような人に対しては、相手が仕事を頼みにくくなる。ビジネスマンにとっては致命的かも。
  • 出来ない理由を語られると、全体的なテンションを下げる。別なデメリットを派生させる可能性が。
  • 出来ない理由を述べるよりも、出来ない原因を回避する別な方法を考える方が、間違いなくメリットに直結する。それが行動力に繋がる!

 一方で、出来ない理由があることを相手に理解してもらわなければ、真に効率的&生産的な環境は生まれません

 例えば、Blog等で「~~が出来ないんですよぉweep」とくどくどと書かれている記事って、あまり読みたくないですよねぇ。でも記事を書く側は、事情を分かって欲しくて、訴えるのですよね。それを誰かが受容してあげることも大事ですよねぇ。

 ・・・など、様々に考えてしまうので、引っかかっています(^^ゞ

 記念講演の後に開かれた反省会にも、初めて出席させて頂きました。そこでも様々に情報交換させて頂けて、良かったです。プレゼント抽選も2番目に当たりましたし(笑)頂戴したお菓子は、今でも時々、少しずつ食べてます(^^)

 勉強になった1日でした。

~~~~~

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.16

08【共通論題】内容無き立論に質疑!

 以前の記事で書いたように、生徒たちは今回の08【共通論題】に対するイメージが全く湧きませんでした(^^ゞ

 そこで、下記のような取り組みをしました。

-----

【内容無き立論への質疑】

肯定側立論、宜しくお願いします。
プランです。少年法を改正し、61条を削除します。
プランを実施することにより、日本は、少年犯罪の加害者の実名報道を、法的に認めるべきです。
なぜなら、日本が良くなるからです。
これで肯定側立論を終わります。

-----

 「はい、否定側質疑の立場となって、この立論に質疑しなさい

 ・・・ちょっとディベートをご存知の方なら「なんだその立論、ふざけるな!」と怒りたくなるかもしれませんが、わざと内容が無いのです。

 そして更にディベートをご存知の方でしたら、「議論の方向性を定めるため」、或いは「今回は述べられてなくても、本来肯定側立論で触れるべき内容を確認するため」に、肯定側立論で不足している内容を相手から引き出す質疑ができるはずなのです。

 この実践、準備いらずですよね(^^)!

 実際、部員達は、概ね、良い質問をしてくれましたhappy01

 さて、皆さんなら、どのような質問をしますか?

 ----> はい、【こちら】が本校の部員達から挙げられた質疑です。どうぞご覧下さい!

~~~~~

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6K学級通信:No08-12

今は「やろうと思えばできるが、思い通りにならない11月」

 学級通信を通して、高3のこの時期は「やろうやろうと思ってもできない9・10月」なんだよ、ということを訴えてきました。それに併せて、それを理解した上で割り切って実際に問題を解くことが大切、ということも伝えました。皆さんの中である程度の人たちが、実際に問題を解くことに、果敢にチャレンジしてくれたと思っております。

 さて、9月20日に発行した学級通信No08-5「五里霧中の10・11月」と書きました。そう、現在の11月は、まだ霧の中の状態だという予告です。…どうやら、まだ霧の中で、見通しが暗く、くじけそうな状態な生徒もいるようです。実は高校時代の私もそうでした!

 では、9月・10月と比較して、何が変わったか?

 それは「やろうと思えば手が動くようになった」ということだと思われます!

 違いはそこだけなのですが、それが大切です。やろうと思ってもできない、ということと、実際にやれた、ということは、天と地との差があります!しかしながらまだ、「できる(=実際に問題を解く)」ということと「わかる(=問題に正解する)」ということとが違うのです。

 それでも、「できる(=実際に問題を解く)」ことにとても意義があります。なぜなら、間違えば「なぜ間違ったか」ということにようやく着目できて、何を克服すれば点が稼げるのか、ということが明らかになるからです。「失敗は成功のもと」なのです!11月という時期は、問題を多少間違えても下を向く必要はありません!「負けると分かっていても問題を解く」のと同時に、「なぜ間違ったかに着目」&「次は間違わない」と再発防止のアイディアやコツを貯め続け、入試本番というワンチャンスで大成功を収めるように、引き続き努力しましょう!

… … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 

来週は期末試験です。22日(土)は休みです。高校レベルの教養があることを示そう!

~~~~~

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月9日 - 2008年11月15日 | トップページ | 2008年11月23日 - 2008年11月29日 »