« 2008年9月28日 - 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月12日 - 2008年10月18日 »

2008年10月5日 - 2008年10月11日の4件の記事

2008.10.11

「コレクティブハウス」について知る!

 『参加型ハウスをつくろう会』が主催する『多世代居住勉強会』に、妻の代わりに参加してきました。(『キッチンまごころ』関係)

 「コレクティブハウジング」という言葉を正直、初めて聞きましたが、仕組みはだいぶ分かりました。
 急速な少子・高齢化、家族形態の変化、女性の社会進出、暮らし方の多様化が進行する中で、多様な家族形態(高齢夫婦、子どもがいない家庭やシングルハウス、独身の方、など)が、ゆるやかな助け合いという有機的な繋がりのある生活ができる建物での生活を可能とするのが「コレクティブハウジング」です。

 私もマンション住まいですが、隣近所への配慮、または同じマンションの方々との取り決めなど、とかく近所づきあいが希薄で困難な時代ですよね。僕もマンション理事会の理事長をしたことがありますので…そりゃもう大変でしたsad

 そのような中、「NPOコレクティブハウジング社」が、居住者と事業主(賃貸の建物の所有者)との距離感を保つ働きをするそうです。建物の管理を居住者組合が担う形になります。すると居住者は、自分たちの暮らしの質を自ら高めるために、問題があれば、話し合いによって解決を図るのだそうです。個々人がそれぞれ、出来る範囲で責任を果たしあうという前提によって成り立つ話かと思って聞いていましたが、一般的な生活に何かしらの問題を感じている方々が、「コレクティブハウジング」によってその問題が解決できそうだ、という認識のもとに入居するのですから、生活している中で生じた問題は解決しようというモチベーションが生じるのでしょうね。

 なるほど、理にかなった仕組みづくり、という点からも学べたなぁ、と思いました。

 超高齢化や家族形態の多様化などは、これから更に進行するでしょうから、こういった取り組みの知名度が高まればいいなぁ、とも思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6K学級通信:No08-7

中間試験の結果を受けて・・・皆さんはどのタイプ?

 正直、皆さんの中間試験の結果が芳(かんば)しくないので、担任としては焦ります(^_^;)
 受験に向けての取り組みを、普段から、また学級通信を通して訴えておりますので・・・予想通り「やろうやろうと思ってもできない9・10月」に陥っている感じも受けますが、定期試験で出題される教科書の内容をおろそかにしていないかどうか、そして、6年K組の学級目標が『大学合格率100%』であることを今一度確認して下さい。

 「2009年の3月に、望ましい形で卒業できそうだ」という方向に向かっている実感があるのであれば、そのまま、今の苦しい9月~10月を乗り越えてもらえばと思いますが、

  • 気持ばっかり焦っていて、実際には手が動いていない(本を読むけど、問題を解いて答えを回答用紙に書く、というところまで至らない等)場合には、残念ながら望ましい結果は得られないでしょう。できれば、担任でよければ相談して下さい。限られた情報だけでは打開策が見つかりませんし、話すことで知識も整理され、落ち着くものですよ(^^)
     
  • 「今の僕には力がないので、各教科を最初からやり直していて、定期考査の範囲にまで手が回らない」という人は、現在取り組むべき高3の範囲の学習を肝心の来年1~2月の受験本番期に先送りしていることになるので、自らの首を相当締める結果となります。今の授業をおろそかにせず、必要な内容のみ適宜復習することが、限られた時間で効率良く勉強するコツです。
     
  • ゆとりがないので、受験に関係のない内容は切り捨て、そして合格を勝ち取るんだ」という考えも生じるでしょうが、切り捨てた範囲の学習をする予定だった時間をうまく活用して、自分にゆとりを生むことができているかどうかは、今一度確認して下さい!後に学級通信で紹介しますが、受験不要の科目を切り捨てても実際にはゆとりを獲得できなくて、現状のまずい状態が継続するケースが多く、成功事例はそう多くはないのです。
     
  • 今まで定期試験にきちんと力を入れて結果を残していたが、受験勉強に力を入れたら、少し点を落とした」と言う人は是非、各教科の失点ポイントをチェックして下さい。「分からなかったポイントを認識する」というだけで、更なる向上のきっかけとなるものです。各試験は「テスト=自分をチェックするもの」として活用しましょう!

~~~~~

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.10

父の誕生日に

 学級通信で、「自分にとって、大学へ現役合格したことは親孝行だと思っている。経済的な負担を軽減できたからだ。しかし、大学の学費や生活費のために、父は会社からお金を借りてくれていたそうで、経済的な負担は当然ゼロではなく、お世話になったのだ」ということを書きました。来週に保護者会があることを視野に入れた内容です。後ほどアップします。
 週末に学級通信を発行しているのですが、以前のように休日だったら、この日にこの学級通信を生徒に渡せなかったんだなぁ、としみじみと思っていました。

 誕生日おめでとう!

 前に父さんの誕生日を祝う書き込みをしたのは、3年前なんですね。もう3年も経つのか、と、月日の過ぎ去る速さに驚きます。

 お互いに健康第一で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.08

打診:【共通論題】でのオンラインディベート

 10月20日(月)~11月7日(金)の日程で、08【共通論題】「日本は少年犯罪の加害者の実名報道を法的に認めるべきである。是か非か」を用いた『オンラインディベート』での練習試合を開催したいと考えております。

  1. 参加を希望される方、是非コメントを下さい(^^)/
  2. 10月20日(月)~11月7日(金)の日程でOKでしょうか?
    日程に関する要望があればお伺いします。

取り急ぎのコメントにて、一旦失礼します。m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月28日 - 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月12日 - 2008年10月18日 »