« 2008年4月27日 - 2008年5月3日 | トップページ | 2008年5月11日 - 2008年5月17日 »

2008年5月4日 - 2008年5月10日の1件の記事

2008.05.05

ジャッジが12分って4,800文字!?

 ディベートの普及にとって大切なジャッジの育成に、『オンラインディベート』が役立つと、前回書いた通りです。

 4月18日(金)より6試合同時に展開されていた『オンラインディベート』ですが、無事に終了いたしました。

 これを御覧のディベーターの皆さん、是非とも判定投票をお願いいたします!

 判定に際しては、ログを見ながらフローシートを作成し、後はディベート甲子園と同様の判定を出して頂けたらと思います。ただ、その判定結果をネットを介してお寄せ頂く関係上、オンラインディベートの独自の判定フォームをご利用下さい。よろしくお願いします。m(_ _)m

-----

 さて更に、もしもこちらをご覧頂けている、ディベート甲子園OBOGの方で、ゆくゆくは地区予選等で主審を担いたい、とお考えの方はいませんか?

 判定結果を文章として提出して頂ける方を、2~4名、募集します(^^)
 ※まずは私自身が、本校ディベート部員が関係していない対戦2試合の判定を出す予定です。

 ところでディベート甲子園の審判講習テキストには『審査検討時間は8分以内とし、講評・判定時間は12分以上とることとする』とあります。
 すると、文字にすると4,800文字前後の作文が必要なのですね!
 これは結構大変です。ジャッジが大会主催者側から謝礼を頂戴するのも納得です。
 ただオンラインディベートには、そのような予算はありませんのでcoldsweats01、ボランティアでの取り組みをお願いせざるをえません。

 ただ、ジャッジのコメントもオンDサイトにログで残りますので、「私はこういった判定コメントを述べることができます」とアピールする場として活用することも可能です(^^)

 文章提出を、5月13日(火)~5月16日(金)とさせて頂きます。
 ただ、明日も休みのゴールデンウィークですので、もしもお時間がありましたら、早めの作文をして頂けたら、とも思います(^^)。自分の時間で作業が可能なところも『オンラインディベート』の特徴です。

 正直、本校で参加した生徒たちは、判定を待ちわびております。
 そりゃ、一生懸命に試合をしたら、きちんと評価・判定して欲しいですよね。

 お引き受けいただける方がいらっしゃいましたら、ひとまずお引き受け頂けるという意志表明だけ、【 こちら 】宛にメールを頂戴できればと思います。どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年4月27日 - 2008年5月3日 | トップページ | 2008年5月11日 - 2008年5月17日 »