« 〔コネタマ〕「ピー太」って名前でした! | トップページ | 6K学級通信:No08-14 »

2008.11.27

知恵がお金を上回る最先端物理の探究:カムランド

 今日は出張で、今年度の宮城県高等学校理科研究会物理部会秋季総会・研究発表会に参加しました。
 午前中に行われた講演、東北大学理学部教授・ニュートリノ科学研究センター長の井上邦雄先生から「ニュートリノで解き明かす地球・太陽の謎」を拝聴しました。

 いやあ、刺激的に学べました!

 仙台で物理教員をしていると、東北大学の取り組みやカムランドでの研究成果、そして、物理学の最先端の素粒子物理学が前進している様子が、時々伺えます。
 でも、僕の想像以上に、井上先生のビジョンは進んでいました!

 ノーベル賞を受賞した小柴先生の取り組みに端を発し、やはり東大には多くの科研費が集まります。
 そこで「お金はないけど頭脳はある」と、知恵とアイディアで更なる発見を掴んだ東北大のチームは素晴らしいです。

 今回学んだことをダイジェストでお伝えすると

  • ニュートリノ振動は、異なるニュートリノの物質波の“うなり”のような現象
  • マヨナラニュートリノの存在と右巻きニュートリノの振る舞いを確定させるための現象をカムランドが観測できると、大統一理論に道を開くかもしれない。
     すると「CPの破れ」を越えて物質が残っているという、「なぜ私達は物質としてこの宇宙に存在するのか」という哲学的な問いに答えを出す!
    今年ノーベル賞を受賞した小林・益川理論は、出だしの考えとしては画期的な理論であるが、現状の宇宙における物質の存在については、16桁もズレが生じていて、修正理論の登場が待たれている。もちろん、東北大がそれを狙っている!)
  • 今話題の「ダークマター(暗黒物質)」の存在を、カムランドの施設を応用させることで、観測できるかもしれない。(お金が…)
    #井上先生に質問させて頂いて、ダークマターの概要と、どのように観測できるのか、ということが理解できました。
  • 地球ニュートリノの観測によって、地球内部の熱源(核分裂)の分布やマントル対流のあり方、その核分裂が自然に開始したり止まったりの仕組みなどが解明されるかも。
    #自然に核分裂が起きた証拠がアフリカの鉱山にあった、という話を、初めて聞きました。いやぁ、地質学鉱物学科出身なのですが…σ(^_^)
    #でも、この話が、地磁気の反転など、私が大学生の時からの謎=研究の最先端の話題を解決するかもしれない、という話にはワクワクしました!
  • 太陽ニュートリノの観測により、太陽での核融合の在り方が分かるかも。
  • カムランドの改良(機器の精度向上)により、スーパーカミオカンデでは可能で(ラッパ状に広がるチェレンコフ光の特性により)、現状のカムランドでは不可能になっていた(全方向に広がるシンチレーション光の特性により)“ニュートリノの飛来方向の特定”も特定できるかも。
     これにより、ニュートリノの振る舞いの原因(=何によってつくられたニュートリノががやってきたデータなのか)を特定できるので、更に精度の高い研究成果が生み出されるかも!
    #カムランドが、スーパーカミオカンデの建設によって払い下げられた旧カミオカンデだったとは知りませんでした…。

 上記に全て答えが与えられるとすると、ものすごくわくわくしますね!

 ちなみに、研究発表会の終了後、ニュートリノ科学研究センターを見学しました。

20081127155341

 

 

 

微弱な光を回路で検知可能な電流に増幅する装置(右側)について説明して下さる井上先生

 

20081127155812

 

 

 

 IBMのサーバー、800TB・・・すげぇ。

 

20081127160312

 

 

 

でも、そのサーバーを冷やしているのは…何年前の扇風機(^_^;)?
お茶目でした!

 

そうそう、ニュートリノ科学研究センターで研究している学生の3分の1が女性だとか。理科離れが言われている中、女性の研究者が多いのも特徴だということで、雰囲気的に知的な方々かなぁ、というオーラが漂う方々が見受けられました(^^)
 #あぁ、嫁さんに叱られる…ナンチャッテ(爆)

-----

 この職業をしていると、年に何度か、「この人は天才だよなぁ」と思える人に出会えます。本当に刺激になります。自己向上に限度なし!自己研鑽を続けようと意欲が湧きました。

 また、東北大理学部に向かうバスの中で一人、昼休みに入った理学部食堂で一人、本校の卒業生に会いました。
 こうして、(東北大学に限らず)先端の学問を学ぶような卒業生を社会の各地に送り出すことができるという仕事をしていることに、誇りを感じました。

~~~~~

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ

|

« 〔コネタマ〕「ピー太」って名前でした! | トップページ | 6K学級通信:No08-14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/43247274

この記事へのトラックバック一覧です: 知恵がお金を上回る最先端物理の探究:カムランド:

« 〔コネタマ〕「ピー太」って名前でした! | トップページ | 6K学級通信:No08-14 »