« 08【共通論題】内容無き立論に質疑! | トップページ | 6K学級通信:No08-13 »

2008.11.21

「出来ない理由を言わない」ことの大切さ、苦しさ

 去る11月2日(日)、「第20回 進学フェスティバル in みやぎ」(進学情報Can)に、本校の募集対策委員会の担当として行って参りました。

 私立学校の進学個別相談会が終わった後、フェスティバルの20回を記念して、中村文昭さんの特別講演が行われました。

 最初、中村さんのお名前を伺って、すぐには思い出せなかったのですが、プロフィールに「職務質問を受けた警官が友人第1号」とあるのを見て、そういえば最近話題になっている方だなぁ、と思いました。

 講演の内容は、評判通り「流石!」というもので、副校長からペンを借りてメモを取りながら聞きました。

#自分の4色ボールペンを、本校から学校紹介のために来た生徒に貸したのですが、
#この時、返してもらうのを忘れたことに気づくのですcoldsweats01後日返してもらいました(^^)

#講演の内容はネット上に色々あるのですが、同じ講演を聞いた方と思われる方の
#記事が【こちら】にあります。

 幾つも心に残っているのですが、その中で「出来ない理由は言うな!」というのが、引っかかっています。

 これは、大切で、様々なメリットがあります。

  • 出来ない理由を述べるような人に対しては、相手が仕事を頼みにくくなる。ビジネスマンにとっては致命的かも。
  • 出来ない理由を語られると、全体的なテンションを下げる。別なデメリットを派生させる可能性が。
  • 出来ない理由を述べるよりも、出来ない原因を回避する別な方法を考える方が、間違いなくメリットに直結する。それが行動力に繋がる!

 一方で、出来ない理由があることを相手に理解してもらわなければ、真に効率的&生産的な環境は生まれません

 例えば、Blog等で「~~が出来ないんですよぉweep」とくどくどと書かれている記事って、あまり読みたくないですよねぇ。でも記事を書く側は、事情を分かって欲しくて、訴えるのですよね。それを誰かが受容してあげることも大事ですよねぇ。

 ・・・など、様々に考えてしまうので、引っかかっています(^^ゞ

 記念講演の後に開かれた反省会にも、初めて出席させて頂きました。そこでも様々に情報交換させて頂けて、良かったです。プレゼント抽選も2番目に当たりましたし(笑)頂戴したお菓子は、今でも時々、少しずつ食べてます(^^)

 勉強になった1日でした。

~~~~~

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ

|

« 08【共通論題】内容無き立論に質疑! | トップページ | 6K学級通信:No08-13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/43178487

この記事へのトラックバック一覧です: 「出来ない理由を言わない」ことの大切さ、苦しさ:

« 08【共通論題】内容無き立論に質疑! | トップページ | 6K学級通信:No08-13 »