« 6K学級通信:No08-4 | トップページ | 顧問としてのディベート指導のあり方を模索 »

2008.09.13

このクラスにこの落書きかぁ(笑)

 本日の本校は授業がない日でした。
 ですが、高校3年生の受験クラスおよび希望者は、学校にて全統模試を受験するために登校してきました。もちろん私も、試験監督として出勤です(^_^;)

 休日出勤かぁ、と少しテンション低めに教室に入ってみると、黒板半分くらいに下記の落書きが!!

でも、ここに白湯があります。これをお飲みなさい。
 力石くん、私はあなたが乾きに耐えかねて、
 減量を諦めたということを悲しんだりはしません。
 それより貴方が少しでも・・・、
 ほんの少しでも人間らしい弱さを持っていてくれたという事が、とても嬉しいの。
 さぁ、お飲みなさい。
 一息にこれを飲み干して、元のはつらつとした力石くんに戻るのよ・・・!

・・・ありがとう、お嬢さん。そのお気持ちだけありがたく飲ませていただきます。
気持ちだけ・・・?
ジャー
あっ・・・!
 り、力石君

・・・もう少しでくじけるところでした。でも、もう大丈夫。
 キザな言い方ですが、お嬢さんのその涙を見て決意が更に固まりました。

待って、力石君・・・
今夜はぐっすり眠れそうです・・・。お休みなさい・・・。

 我慢しながら笑いました!

 いや、本当は、シャレにならないんで、笑ってはいけないんでしょうけど…

 僕の実家にも、おじさんの家から借りた『あしたのジョー』がありまして、何度も読み返していましたので、このシーン、すぐに分かりました!

 この、平成生まれの誰かが、このネタを知っていて、しかもこの、高3の大事な時期のうちのクラスに臆せずこれを書くかぁ(^^) と・・・。

#へぇ、このシーンは、作者たちの打ち合わせミスによって偶然に生まれたんですか!

~~~~~

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ

|

« 6K学級通信:No08-4 | トップページ | 顧問としてのディベート指導のあり方を模索 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/42466004

この記事へのトラックバック一覧です: このクラスにこの落書きかぁ(笑):

« 6K学級通信:No08-4 | トップページ | 顧問としてのディベート指導のあり方を模索 »