« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »

2007年10月7日 - 2007年10月13日の8件の記事

2007.10.13

語彙→表現→伝える→説得する

 12日(金)、久々に部員のディベートを見ました。
 論題は、北海道・東北【共通論題】の「高校生以下の携帯電話の禁止」です。
 モデルディベートを、14日(日)に行われる『宮城ディベート“楽しみ隊”』にてやらせる予定なのです。

 立論は、Debateフィードバック掲示板に投稿して下さった立論(現在肯定側が削除されていますが)を使い、反駁を考えさせて試合をさせる、という感じでした。

 試合中に電話が来て、否定側第一反駁を見れなかった、ということもありましたが…

 残念ながら、大きな指摘をせざるをえない試合でした。

 一番最初に、中学1年のある部員に聞いた質問です。
 「今回のディベート、楽しかったかい?」

 「いいえ」

 「・・・」

 ・・・そうなのです。聞いていてもわくわくしないディベートでした。

 全てのディベートが楽しくあるべき、とは思いませんが、そもそもディベートに取り組む本旨からズレているのを感じました。

 ディベートという競技は、ジャッジや聴衆に対して訴えたことが伝わり、かつ、説得に成功した時が、ディベーターとしての喜びを感じる瞬間です!

 すると、そもそも、「ジャッジに何を伝えたいの?」ということが明確になっていなければ、その喜びを得るための根本がありませんから、何度やっても「ディベートが楽しい」と思えるはずがありません!
 これは不幸
です!

 次に、「何かを伝えたい」と思っても、それを伝える言葉が思い浮かばず、スピーチができなければ、最終的な「ジャッジ及び聴衆の説得」には至りません
 『言語化』は、ディベートにおける教育目的の主要な1つです。
 …伝えるための語彙を増やすには、ディベートの試合をたくさん見学して、ジャッジの反応・コメントをたくさん見て、そして、自らもディベートの経験をたくさん積むことが必要です。

 次に表現です。
 「どのような言葉を使って表現すれば、ジャッジは納得するのだろうか?」ということが大切です。

 今回の試合で肯定側は、否定側の立論に対して「インパクトの独り歩き」という表現を用いました。何を伝えたいのかは分かりましたが、これではジャッジは頷きにくいでしょう。リンケージに多少の疑問があるのかもしれませんが、「でもインパクトはあるのね?」と思ってしまいます。
 ですが、実は肯定側の彼等が言いたかったのは、○→●の差分がない、ということなのです。そもそも携帯を持ち歩いていなければ、地震に遭っても、連絡が取れない。つまりプランの前後で変化がない…。
 一言で言えば「固有性がない」ということです。ディベートの用語を用いれば、僅か数秒でディベートに長けたジャッジを納得させることができます
 しかし残念ながら、聴衆は分かりにくい。そこで、補足説明的に、「固有性がない、つまり、例えば携帯を日々持ち歩いていない人は~~」として、より確かなイメージを持ってもらうスピーチをする必要があります

 次に、言葉が思い浮かんでスピーチしたとしても、伝わっていなければ、話になりません!
 ただ原稿を読む…それでは、実際にジャッジや聴衆に伝わっているのかどうか、ディベーター自身は確認できません

 ジャッジや聴衆が聞いているか、少なくとも顔を上げて前を見て、伝えたい相手を意識する必要があります。

 最後に「説得する」です。
 説得できれば、勝てるのです
 さて、説得できているのでしょうか?
 ジャッジのしぐさや、聴衆が聞く姿勢を保っているのか、ディベーターは確認できているのでしょうか?

 昨年からの部員には言いました。
 「ちゃんと伝わったディベートの最高の例を見たよね。去年のディベート甲子園の決勝を、あの肯定2反のあとの会場からの拍手を。きちんと伝わるディベートができていれば、ああいう試合になるのだ、という良い事例だったじゃないか」

#お世辞でもいいから、試合後は拍手しておけ、とは思いません!
#不必要な拍手は謹みましょう。
#あの時の拍手は、大会の最期の試合、というシチュエーションで、聴衆が「理解した!」という、自発的な反応の拍手だと思いました。

 ディベートって、非常に教育的で、素晴らしい競技です。

 コミュニケーションの訓練…ディベートの特徴です。
 人は、相手に何かを伝え、その伝えたいことが相手に伝わった、という時に、非常に喜びを感じるものだと思います。

 僕自身、授業や教育の場で、適切な言葉で適切に相手に伝えられる教員になるべく、もっとディベートの経験を積んで、語彙を増やし、判断力を磨きたいと思っています

 そして、部員達がよりおもしろく、より素晴らしい議論を展開してもらえるように、どのように努力すべきなのかを考え始めたところです。

 ディベート、道は険しく、先は長い、と、改めて自覚します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

怖い夢で目を覚ます

 今、SFホラーに出てくるような狂気のキャラクターに追われている夢を見て、起きました。怖かったです。

 最初は自分だけが逃げていたのですが、後からは、お年を召した女性を逃がしてあげるために一緒に逃げていました。

 そういう怖い夢を見る時には、体が冷えていることが多いです。

 でも、日頃の追われているような恐怖の心が夢になったか?とか思っちゃいました。

 で、目を覚まして時間を見てみると、PM11:40…

 今日は、学校では入試説明会でした。外の案内係で、特にトラブルもなく終えました。
 帰宅時にスカパーを付けると、またまた、生でベガルタのゴールシーン×2(^^)(両方ともPKでしたが…)
 その後、さくら野百貨店で行なわれていた『北海道の物産と観光展』を見てきました。

 その帰宅後、古新聞を読んでいて…

 …たまった疲れのせいか、寝てしまうんです。

 …あぁ、土曜日にこうして寝てしまうのは、3回目です。

 …そして、3回もこの時間に寝てしまって、「『エンタの神様』を見逃して、小島よしおのネタを仕入れそこねて、下手こいた~(T_T)」と後悔するのです。(3回とも「今日はエンタを見て、小島よしおのネタ、どんなのか、チェックしよう」と思っていて、寝過ごしています

 でも今日の怖い夢は特別嫌な感じだったなぁ(T_T)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.08

細部の神様に大満足!

 これは先日、職場旅行で『佐勘』に宿泊した時のことです。

 『佐勘』というお宿は…まあ、積み立てたお金を使います、という時でなければそう易々とは宿泊はできないようなお宿です(^^;。うちら夫婦では以前、日帰り温泉プランを使って温泉に入ったことがあります。

 で、佐勘に泊まるという話を羨ましそうに聞いていた妻が、「そう言えば先日、佐勘には、宿泊客しか使えない、という隠れ喫茶がある、という話を聞いたよ」と教えてくれました。「お酒はあんまり飲まないでコーヒー飲んできなさい」と…あぁ、苦しい日々を考えると、この日くらい飲み潰れるくらいに飲んでももいいかな、とか思っていたのですが(^^;

 この日も出張があり、それを終わらせてから自家用車で佐勘に行きました。
 食事を取り、一旦部屋に戻り、2次会に行く途中…

 佐勘のスタッフに「2次会ですか?」と声をかけられたのですが、「あの~」と、宿泊客しか利用できない喫茶について聞いてみると、「通ですね。ご案内いたします」と・・・。いやあ、スタッフの後ろをついて行く痛快感!「なんちゃってVIP」になった気分でした(^^;

 で、そこのお店ですが、まず最初に、佐勘の地下水のお水を出して下さり、また、加美町の酒蔵から頂戴した水を使ってコーヒーを入れるとのこと。
 そして、昭和30~40年代のレコードを選んで聞かせてくれます。

 至極のひとときでした。
 もったいないので、同僚を誘わずに、一人で満喫させて頂きました(^^)

 このお店が、館内案内や、『佐勘』のサイトマップに出ていないのですから…
 ただ、完全に秘密なわけではないのですが…実は…(自主規制)

 なお、帰宅後Webを検索したところ、このお見せの名前をWebにアップしていた人は1人しかいないみたいで・・・皆さん秘密にしたくなるお店なのかもしれません。

 確かに、大満足でした。
 近いうちに、奮発して宿泊して、温泉と食事とコーヒーを満喫したいです!

 ・・・いつ温泉に泊まりに行けるほどのゆとりのある日程が確保できるんだか(T_T)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

時間の感覚…“黄色”と“PC”

 感覚的に時間が違うのではないかという話題を2つ。

 出身地の関係で、北海道で運転するケースがあるのですが…

 北海道の自動車信号は、黄色で点灯している時間(=青から赤になるまでの時間)が、宮城県より短い気がします!

 宮城県では大丈夫だ~と思っているタイミングで交差点に入るともう赤になっていて、右折車と危なく…という経験が数度あります。

 ネットではこの情報、HITしませんでした。
 どこかで調べられませんかねえ???

-----

 また、3連休の3日目の今日は、PC作業を45分、PC以外の作業を45分と、タイマーを使いながら生活していました。

 PC作業をしていると、アラームが鳴って「もう45分なの?」とか思うのですが、
  PCを使わない作業(古新聞読み、など)をしていると、「・・・まだ20分も残っているの?」とか思うケースがあります。

 意外とPC作業って、時間がかかるものなのかな~とか思ったりするのです(^^;

 皆さん、どう思われますか(^^)?
 では、明日からの通常生活に向けて、残りの時間も有意義に活用します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台の小学校でもしっかりとしたディベートが…

 10/3(水)、NIE(Newspaper In Education:「教育現場で新聞を」という取り組み)の宮城県研究大会が行なわれました。

 小学校6年生の道徳の授業でして、「新聞記事を活用した情報モラルの育成」ということがテーマだったのですが、まずは「小学生に携帯電話は必要か」というディベートをさせることが授業の導入でした。
 ディベートの後に、先生から、他の新聞記事(時間の関係で試合では盛り込まれなかった記事と、その解釈の仕方)などの提示があり、それらを踏まえて、携帯電話との関わり方について作文にして書き、代表2名がそれを読んで発表して、授業が終わる、という流れです。

 実は私は、勤めてすぐにこのNIEの本校担当の末席に加えて頂いていたのですが、小学生がどういったディベートをするのか、現場を見たことがありませんでしたので、これはいい機会だと、しかも北海道・東北【共通論題】の携帯電話が論題で、小学生がどのような議論を繰り出すのか、非常に興味があって、見学に行きました。(NIEの研究大会に参加したのはこれで2回目のはずです(^^;)

 ディベートに関して。
 論題は「小学生に携帯電話は必要である。是か非か」。
 形式は、立論-反対尋問-最終弁論。
 バロットシートを用いた、聴衆(ディベーター以外の生徒)の投票による判定。
 バロットシートは、
立論と最終弁論が「(1)話の内容が分かりやすいか(2)ことばがはっきりしているか(3)姿勢、顔、態度はどうか」でそれぞれ5点満点
反対尋問が「(4)よい質問をしたか(5)質問にはっきり答えられたか(6)たくさん意見を言ったか」で10点満点
総合評価として「(10)いっしょうけんめいだったか(11)落ち着いて参加できたか」で5点満点。
合計点の高い方が勝ち。ジャッジの生徒は紅白帽を持っていて、判定の際に、肯定側の勝ちの場合は白を、否定側が勝ちの場合は赤を表にしてかぶります(小学校ならではだと思いました)
 ディベーターの後ろにボードがあり、証拠資料やキーワードを貼ったりなど、プレゼンテーションタイプの立論と最終弁論です。肯定側・否定側とも、立論の段階では、演劇ふうのやり取りを加えていました

 議論の中身です。
 立論で肯定側は、携帯は便利、機能としてメール(ケンカして電話ができなくてもメールなら謝れる)、カメラ(外出先できれいな花などすぐに写せる)、お財布ケータイなどがあ事を挙げ、キッズケータイも好調であることから、便利な携帯は小学生に必要と述べました。否定側は、携帯を用いたネットイジメがあること、更には落とした携帯をヤンキーに操作され、友達に変なメールを“出された”りするなどの危険性があるので、小学生には不必要と述べました。
 反対尋問で肯定側は否定側に「ネットイジメが多いという資料が出てないし、悪用する人は全体からするとごく一部では?」という問いかけをしました。それに対して否定側は、ネットでよく見るのであるのは間違いないし、“新聞やネットで良く見るくらいに多い”と答えていました。また否定側は肯定側に、「キッズケータイがあってもメールでの犯罪は防げなかったり、ブザーを鳴らしても周りの人がイタズラだと思うのでは?」という問いかけをしました。それに対して肯定側は、キッズケータイではパスワードで登録した人としかメールや通話はできないし、ブザーと同時に親にメールも行くので、非常時であると認識してもらえる、と答えていました。
 最終弁論で否定側は、確かに携帯に便利な機能があっても、カンニングに用いられたり、イジメ→自殺に繋がるようなものを、私達が親になったら「携帯なんて」と思うだろうから、小学校からは必要ない、と述べました。肯定側は(1)フィルタリングがあること(2)NTTドコモが安全教室を開いていることなどから、「これらの方々の努力で私達は大変救われているし、おかげで便利な生活ができる」ので、携帯が必要だと述べました。

 判定は僅差で否定側でした。

 立論で資料を貼って提示したり、演劇が交じっていたりなど、ディベートがプレゼンの勉強にもなっているのかな、と思いました。
 また最終弁論は、第二立論ふうになってしまっていましたが、「スピーチの準備をさせる=試合自体が授業の導入であるから、スピーチの空白があることは望ましくない」と考えると、最終スピーチで比較と結論を述べさせるところまで求めなくても良いのかな、と思いました。
 それから、反対尋問は、鋭い質問が多くて良かったのですが「多いか少ないか」という議論と「実際にある」という議論を、どう噛み合わせて、どのような形で説明したら良いのかは・・・小学生には難しいかな(^^;(中高生でも難しいし)と思いました

 さて、残念ながら学校に戻る用事が生じてしまったため、授業を見学しただけで帰ることになったのですが、私もNADE所属ということで、ディベートの授業をして下さった先生とコンタクトを、ということで挨拶をしたのですが、

  • その先生は、そのクラスを担任しているわけではない。
  • 情報教育に携わっている先生でした。
  • ということで、ディベートを教えたわけではない
    小学生たちは国語の授業でディベートを学んでいた
    それにより、小学生たちは論題が与えられた後、自主的にディベートの準備ができた
  • 今回の授業のために、前もって試合をしたわけではない

ということで、「をを、事前に練習なしで、小学生がこのレベルに至るディベートができるのか!」と、感心しました!

 また、さすが情報の先生だけあって、小学生たちに配布していた証拠資料の質が高いのです。もちろん今回はNIEの授業ということで、新聞記事がメインだったのですが、それでも、質の高い資料を渡せは、小学生は様々に考え、良い議論を提示できるのだな、と思いました。

 最後に、「仙台市内の小学校にも、小学生にこれだけ本格的なディベートを教えている先生がいらっしゃるのか!」と思った次第です。

 今回は実際に小学生にディベートを教えた先生とお会い出来ませんでしたが…つくづく残念でしたが(T_T)、そういった小学校の先生方に「こうしたらディベートの授業ができますよ」という『ディベート授業スタートパック』みたいなものが提供できたら、もっとディベートの裾野が広がるのかも、と思いました。

 仙台市でディベートに取り組む方に中々お会い出来ないので、いつも淋しく思っておりましたが、それはお会い出来ていないだけで、実際にはいろいろといらっしゃるんだろうなあ、と思った次第です。

 いつかそういう方々とお会いして情報交換したいです
 ・・・仙台だけに、七夕のように、1年に1回お会い出来るかどうか、かもしれませんが(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.07

“楽しみ隊”10月例会は石巻で

 『宮城ディベート“楽しみ隊”』10月例会は、来週の日曜日(14日)に、石巻市立青葉中学校・図書室で、午後2時から実施することが決まりました。

第25回例会
2007年10月14日()14:00~17:00
場所:石巻市立青葉中学校・図書室(石巻市門脇字一番谷地51-10 TEL:0225-94-6220)
対象:ディベートを楽しみたい方ならどなたでも
        (特に、中学生や指導者の方)
  ※ 任意参加、自由参加なので会場への往復は、それぞれの責任で行ってください。
参加費:無料

内容:

  1. 東北・北海道共通論題「日本は高校生以下の携帯電話及びPHSの使用を禁止すべきである。是か非か。」についての立論方向性を探る
    ※東北学院中高ディベート部によるモデル試合をお見せいたします(^^)
  2. 上記の論題について、反駁の方法を知る。
  3. ディベートに関しての質疑応答

 石巻市中学生ディベート大会を立ち上げて下さり、ディベート功労賞も受賞されている三浦二三夫先生のご尽力によるものです。新しい参加者もありそうです(^^)

 折角ですので、石巻周辺の方で、ディベートに興味のある方、是非とも御参加下るよう、お誘い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日に教会に行ってみると…

 3年連続3年目の教会役員ということで、世界聖餐日の今日、パンの配餐係として、またバザー委員長としてどうしても教会に行っておく必要があって、午前中、ちょっとあって仙台駅経由で教会に行きました。

 すると…併設の幼稚園で、CSの子が消火器を倒して、煙だらけに…

 消火器から出た粉を掃除機で吸い込もうとしていましたが・・・更に粉が舞い散るでしょうし、掃除機は目詰まりさせてしまう結果になっているようだし…。

 実は、ティッシュをちょっと頂戴に行っただけだったのですが…片付け、手伝いました。
 こういう粉は、飛び散らせないように、ちりとりで回収し、袋に入れちゃって、量が減ってからぞうきんで水ぶき、または、部分的に取りにくいところだけ掃除機、という方法が良いだろうと…。

#ほかにいい方法がありましたら、教えて下さい。
#ちなみに、片付ける際に注意することとか、ありますか?
#今回はみんな、マスクを付けて作業しました。

 片付け係の大人の側は、少々参っている感じがしましたが、何せ僕は、金曜日に十分に参っていましたから(^^;、さほど深刻でなくて良かった消火栓の粉を片付けるくらいなら、気持ちにゆとりがありました(^^)。みんなを励ましたり、手伝ってくれた子どもを誉めたりしながらの作業でした。
 気が滅入らないように、笑顔を保っての作業…「笑う門には福来る」ですよね。

 ・・・でもまあ、今日から明日にかけては教会全体の修養会ということもあり、また聖餐式も洗礼式もあって…洗礼を受けた人がいるということは、その歓迎会もして…でも消火器の粉の関係で、幼稚園のホールを利用した歓迎会ができずに急遽礼拝堂の後ろで行うことに・・・研修先から送迎バスを呼んでいるのに、それを外に待たせて、「バスの利用の予約をしているのはうちだけなのかなぁ」と心配になったり・・・・とにかく長かったです(^^; 北教会はとにかく忙しくて何にしても時間がかかるという特徴が…(^^;

 天皇杯に行く予定だったら、もう、途中で飛び出していたことでしょう(^^;

 でも今日は、バザーに向けての聖句を偶然に見つけることができたので、消火器の粉の片付けも、受洗者の歓迎も、神様が参加しなさい、と派遣してくれたのかな、と思ったりしました。

 聖句ですが、「コリントの信徒への手紙 ニ 8章1~15節」です(^^)
 バザーを主題にした祈祷会(10月17日(水)19時~)で使うので、忘れないようにここにも書いておきます(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

本の資料をネット経由で探す技

 論題に関係する本を図書館から借りようと思う場合、普通はまず、その図書館の蔵書検索を利用して、論題に関係ありそうな本を探すと思うのです。

 ですが、実際には中々、必要とする本を探せません。例えば今年の北海道・東北【共通論題】で言うなら、「携帯」とか「ケータイ」等のキーワードを頼りに本を検索することになりますが、書籍名に「携帯」や「ケータイ」と入っていなければHITしません
 また、キーワードが書名含まれていてHITした本であっても、本当に有意義が分からず、借りてみたものの、少し読んで返却、ということもありました

 今回部活でやってみて、良かった方法をご紹介します。
 なおこの実践は、岡山先生が作成された『連載リサーチの方法』で紹介されていたサイトを用いてリサーチ活動をやろう、という中で到達した実践です。

 まずは、コンピュータ室などで、複数のPCを利用できる環境で、みんなで作業をします。

 最初に1人~数人が、国立情報学研究所の連想検索』を利用して、本の検索をします。

 この『国立情報学研究所の連想検索』のいいところは

  1. “連想検索”なので、書籍名にキーワードが含まれていなくてもHITする。
    ・・・ただし、何万冊とHITします(^^;
  2. HITした本の発行年がすぐにわかる(過去3年分くらいが要チェックです)
  3. 良さそうな本をクリックすると、目次が書いているので、それを見ると「これは借りるに値する内容が書かれているぞ!」と判断できる

 そこで、借りたい本を見つけたら、図書館係の生徒(本校で言えば、『宮城県立図書館』係、『仙台市図書館』係、大学の図書館(東北大・東北学院大、など)係)に「~~~って本ある?」と探させます

 どこの図書館にどの本があるのかをチェックして、借りやすい(生徒が行きやすい)図書館から何の本を借りるかをまとめ、部員で分担して行かせます

 部員一人1冊の割合(本校で言えば、顧問分を含めて8冊)借りることができればOKで、只今それをローテーションさせながら回し読みをしています。
 やはり「これは借りて良かった」という本に出会えた確率が高かったです。

 来年の論題が発表されたら、再びこの方法を実践します(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »