« 2007年3月18日 - 2007年3月24日 | トップページ | 2007年4月1日 - 2007年4月7日 »

2007年3月25日 - 2007年3月31日の2件の記事

2007.03.30

予告:第6回東北ディベート交流大会 & 今日から遠征

予告

第6回東北ディベート交流大会

5月3日(木・祝)午後1時~5月4日(金・祝)午後

会場:アイーナ 岩手県民情報交流センター

詳しくは後程、東北ディベートネットワークのサイトで案内いたします。

-----

また、私達東北学院中高ディベート部は、今日から4泊5日(うちフェリー泊2泊)の日程で、北海道支部の春季大会及びディベート講座に参加(自費参加(^^;)して参ります。また、次の月曜日は、全員で旭山動物園を見学後、フェリーで帰ってきます。

しばらく留守にします。では、行って参ります(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.25

スパイなんてごく小さな考えは消え去るんだっていうカミングアウト

 本日、生徒を引率し、某所でディベートをしてきました。

 議論を盗む?…そんなやましい気持ちがゼロではないのが人間なのかもしれませんが(^^ゞ、試合が始まると、そんな気持ちは完全に消え去ってしまいましたね。
 事実、肯定側も否定側も、僕たちが準備した議論と相手が提示してきた議論は、枠組みとしては大きな違いはありませんでした

 そしてですね。改めて思うわけです。

 僕はディベートが大好きだ!
 つーか、おもしろい!
 生徒たちの議論を聞いていて、ワクワクしてくる!
 新しい発見がある!
 今後の課題が見つかる!
 リサーチしなくちゃって意欲が湧いてくる!

 するとですね。その場で出された議論は、一週間で趣きが変わるほどに“進化”しているだろう…というか、進化させないとダメさ(^^;
 恐らく、対戦相手の議論だって、議論を成長させてくるでしょう。

 スパイ?…盗んでも、議論のレベルがそこに留まっていては、意味がないんですよ

 ぶつけあって、互いに自分たちの考えを提示し合って、初めて、本質的な議論の方向性が見えてくるものですね。
 そして、ジャッジはその講評の中で、望ましい議論の方向性を提案して、ディベーターに検討してもらいましょう。それが教育ディベートの神髄ですよね。

 明日(っつか今日の朝一の新幹線で)、関東甲信越の春季大会に行きます。
 良い議論にワクワクしたい。
 論題について学びを深めたい。

 やっぱり僕はディベートが好きだ。ディベートはおもしろい。

 ・・・え、知ってましたって???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月18日 - 2007年3月24日 | トップページ | 2007年4月1日 - 2007年4月7日 »