« Q:色紙用のファイルってあります? | トップページ | 優勝とは縁遠い指導者 »

2007.02.13

進学実績を誇りたい~“為せば成る”~

 彼からの着信。

 僕のいる物理地学教員室は、電波の状態が弱く、切れてしまった。

 電波の状態の良い、廊下に出ていく。

 この時期の、彼からの電話といえば、これしかないだろう。

 こちらからかけ直す。何度かかけて、繋がった。

 電話口の向こうで彼が言った。

 「先生、やってしまいましたよ。」

… 

 教員室に走る。

 既に何人もの先生方が、学年主任のパソコンの前にいる。
 ネットで、彼の受験番号を確認。

 彼の担任もいた。高校2年次の担任もいた。

 僕は、彼の担任になったことがなく、部活の顧問でしかないのだが、彼とは、彼が中2から5年間、共に闘ってきた同志のようなもの。どの教員よりも派手に喜んでいた。
 まあ、担任よりも先に、部活の顧問に連絡をよこしたのも、部活の関係で、日頃から携帯で連絡を取り合っていたからだろう。

 はい。彼で2例目になります。

 本日、本校ディベート部元部長のW君、
 東北大学にAO入試III期(センター利用)にて、合格しました!

-----

 彼が2例目、ということは、彼の先輩にもいた、ということです。

 その先輩も、例えば現在山形大学にいるA・正臣君も言います。

 「部活を高3の夏=ディベート甲子園まで取り組んでも、受験は何とかなる」

 彼の前の事例は、我がディベート部が、愛好会として、本校の生徒会の仲間入りした第1期生です。その時の愛好会会長は、AO入試で、筑波大学に合格しました。まあ、彼は本校にて、生徒会活動やその他、推薦に値する取り組みを溢れんばかりに取り組み、担任の先生が「所定の用紙に書ききれない」と言ったほどなのです。
 そんな彼を見ながら「AOとかは面倒くさいですよ。僕は受験で行きます」と、ディベート甲子園以降、勉学にいそしみました。彼の場合は、それ以前から成績が優秀でしたから、まあ思う存分頑張ってくれ…と思っていたところ、案の定というか、センター試験の成績が十分に高いものだったので、「東北大に行きたいのならAOIII期(センター利用)を利用するのはどうか」と先生方から勧めを受け、受験したのでした。志望理由書を書く彼が、「先生、受験するつもりだったのに、こんな形で苦労するとは…」と言うので、「何を言う(^^;、ディベートで立論を書くようなものだろう」と言って笑い飛ばしたくらいでした。

-----

 という先輩がいたことを、W君にも言っているわけです。

 が、W君は「先生、それは、元々能力の高い人の話でしょ」と言うのです。

 うーん、確かに彼は…(^^ゞ

 2学期、受験勉強に取り組むW君は、模擬試験等で思うような成績を挙げられず、周りのクラスメイト等と比較して、時々、僕に言いました。
 「先生、僕はディベート甲子園に取り組んだ分、みんなよりスタートが遅れていますから…」

 気持ちは分かるけど(^^;、大学受験はディベートとは違う大きな特徴があるのです。

 ディベートは“オープンエンド”、より良い議論の追求に果てがありません。ディベーターの皆さん、たいへんですよね

 ところが、大学受験は、“クローズエンド”です。
 大学受験で課される内容は、必ず、高校の学習指導要領の範囲内
です。

 ですから、真剣に取り組めば、いつか、及第点に達します

 ディベート甲子園と違って、予選突破でベスト16とか、決勝進出とか、全国優勝とかいった、狭き門ではありません。
 序列で、志望大学の定員の範囲内にいればいいのです。
 しかも、成績が上位でも、志望大学が同じとは限りません。志望大学が同じメンバーの中での序列が問題となります。

 そしてもう一つ。

 “オープンエンド”のディベート甲子園に真摯に取り組んだそのエネルギーを、受験に向けることができて、それまで真摯に取り組んできた学習結果に上積みをすることができたなら、部活を最後まで取り組んで(=高3でもディベート甲子園に出場して)からでも受験に間に合うでしょう、と。

 事実、AOIII期(センター利用)というのは、センター試験で十分に高い点数だった人が合格する仕組みです。彼等二人とも、5教科でまんべんなく高得点を挙げました。W君の場合、2学期で英語が伸びたことは、多くの先生方が認めるところです。

 「先生、それは、元々能力の高い人の話でしょ」と言っていたW君は、今後、後輩に、恐らくこう言うでしょう。

 「俺でも出来たぞ」って!

-----

 それからもう一つ、サクラの咲いた話を。

 彼の前の部長…当Blogにも度々書き込みをくれる元々部長のU君、この度、関東の私立大学より、福島大学の編入試験を受けて見事合格しました!

 この話は、僕を驚かせるのに十分な衝撃がありました!
(ちなみに、彼の担任にも話したよ。同様に大きな衝撃を受けていたよ>U君)

 彼のディベート的な能力が高いことは、私の周りの多くが認めるところで、そのような優秀な人材が東北地区に戻ってきてくれることに、大きな喜びを感じます!

 さっそく彼には、石巻市中学生ディベート大会のジャッジの依頼が来ています。
 「時間がありますから」と言って引き受けてくれた彼は、本当に頼もしい!

-----

 当然、まだ受験勉強に取り組んでいる人、自分の思うように進路が切り拓けない人、いることでしょう。

 ただ、ディベート部員だった彼等の事例を見て、これはもう、僕の力がどうこう、ではないということを感じます。

 そして、ただただ、下記の言葉を、こちらのBlogをご覧の皆様にご提示申し上げる次第です。

 “為せば成る”

|

« Q:色紙用のファイルってあります? | トップページ | 優勝とは縁遠い指導者 »

コメント

 なこ☓先生、はじめまして。
 突然ですが、私は先生が東北大合格でのせてくださったWの兄妹です。兄から教えてもらいました。「なこぴーのブログに俺のことが載ってた」と。ちなみに兄は今、割り勘で昨日買ったPS2(壊れたので)を昨日からずっとやっております。それでいいのか大学生…というのは言わないであげてください。あれでも一応頑張っているんだと思います……たぶん。
 前から兄から先生のことは聞いていました。とっても楽しそうな顔をして先生のことを話すのでとってもおもしろい先生なんだろうな、と思っていました。本当に(笑)。この前も、「あ~、夏休みになったら後輩のとこ行かなきゃなんね~な~」と楽しそうに(?)いっていましたよ。なんだかんだ言って放っておけないようです。
 私は今S市立T中学校の3年生です。(年の差4歳)ええ、そうです、受験生です。私は兄ほど頭はよくない…というか頭がかなり悪いので(兄と正反対で手先を使うのが得意なんです)高校に行けるかどうかわかりません…。私よりも親のほうがあわててる感じで、私は勉強もせずに毎日遊び呆けてますけどね。
 ではこの辺で。
できれば返信してくださるとうれしいです。

投稿: Y・W | 2007.07.01 10:44

 Y・Wさん、コメントありがとう!
 何、兄ちゃん、PS2で遊んでいるって?遊ぶ余裕があるのなら、来週行われるディベート甲子園東北予選のジャッジの依頼を「その次の日から試験が…」とか言って悩まずに引き受けろって、伝えてください(笑)

 手先が器用なのはうらやましいです(^^)
 手先が器用なのが活かせる高校って、ありませんか?

 どうせなら、将来が楽しく感じられる進学先を選んで下さい。
 そして、お兄さんからの言葉を、僕からもあなたに贈ります。

   「為せば成る!」  最後までファイト!(^^)/

追伸:今日はベガルタも勝ったし(^^;まさに“為せば成る!”

投稿: NAKO-P | 2007.07.01 18:28

あれ・・・?もしかして先生、兄貴に書き込んだこと言いました?
なんか突っ込みいれられたんですけど
「おまえもしかしてなこPのブログに書き込みした…?」
と。(笑
まさかこんなに早くばれるとは思ってませんでしたよ。

 今日テストの結果が出ました。いつも勉強せずに挑んでるんで、成績キープしてますよ。上がりも下がりもしません。3××点です。悪いらしいです。兄貴が言うには。あたしは普通だと思うんですけど・・・。目標の高校がT高校です。高校説明会のとき、今は副校長の兄の元担任の先生が来て、びっくりしました!!!
 あとそのW先生が、
「わが校は男子校ですが、オープンスクールのときは女子も来ていいですよw」
といっていたので、兄貴に「つれてって」といったら、
「やだよっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
と即答されました( 一3一)
 きれいな校舎に一度でもいいから行ってみたかったんですケド…。
私の学校は公立なので私立みたくエアコンが効きすぎて寒いなんてことはあり得ないんで…。みんな体育終わった後下敷きで仰いで「あぢ~!!!」とかいってますから。

投稿: Yuna | 2007.07.03 20:26

>Yunaさん

 お返事が遅くなりました。夏休みも残りわずかですが、目標のT高校に行けそうな雰囲気になってきましたか(^^)?今年は暑かったですから、勉強するのも大変だったかもしれません(^^;
 僕のBlogでは最近連載している学級通信を見てもらうと、日本という国で生きていくには、「将来のために、やっぱり勉強しないとね~」という“仕組みになっている”ことが、避けられない事実なんです。「今が楽しけりゃいいんじゃね?」と思っていた…僕の友達も、30も半ばを過ぎると「やっぱり勉強しておかないと後から辛い」と言ったりしています(^^;
 結局僕からは「自分の人生と進路は自分で切り拓こうね。頑張ってね」と応援メッセージを贈らせていただきます(^^)
 お兄さんだって、今でもなお、そうして人生と進路を切り拓いている最中ですよ(^^) 先日も電話しましたが、宜しく伝えておいて下さい。

 あと、校舎ですが、高校に合格したら、ディベート部の見学と称して、遊びに来てみるのはどうでしょうか(^^)? では(^^)/

投稿: NAKO-P | 2007.08.19 14:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Q:色紙用のファイルってあります? | トップページ | 優勝とは縁遠い指導者 »