« 盲人を“段階的に”いやすイエス | トップページ | ディベートで勝てない理由…立論? »

2007.01.27

黄金律の“2つの向き”とコミュニケーション

 前回、いじめという問題は、歪んだコミュニケーションの典型例という捉え方をしなければ解決しないのでは、という観点で記事を書きました。その観点から考えると、いじめ、そしていじめに至らないなくても人間関係のこじれの中心に、『黄金律』を守れない人(もう少し具体的にに言えば自己中心的でかつ相手がストレスに感じていることも理解できない人)が存在するのではないか思われます。
 加えて、憲法9条を改正するなど、国同士のコミュニケーションのこじれを“武力”で解決することを是と考えようとしている現在の日本が、その自国の教育機関である学校に「いじめをなくせ」と言うことは、そもそもコミュニケーションのこじれを解消しようとする姿勢ではないのでは?ということを付け加えています。要するに「学校に文句を言う方々や国には、そもそも自分で何とかできる(いじめなどのコミュニケーションのこじれを解決する)土台がないのでは?」という疑問が沸いた、ということです。

-----

 さて、その記事にコメントを下さった、池田修さんから宿題に応答します(^^)/

 「自分はカレーライスが嫌いだから、子どもに食べさせない」という親がいると、子どもは可哀想ですよね、確かに(^^;

 さて、この事例「子どもが嫌がっていますよ。子どもが嫌がることは極力さけてあげて下さい」という方向で解釈することも考えられます。
 ただこのとき、子どもが嫌がっているのは、カレーが食べられないこともそうなのですが、「親が子どもの意向や存在を軽視する=子どもを受容する度合が低い=親の自己中心度が高い」ことの方が本質的に深刻な問題だと思われます。

 かつこのことを保護者に「これはまずいから改善を」と指摘することも、重要なのですが、その指摘により、保護者と教員(などの指摘する側)との関係がこじれることが予想されます

 そこで「子どもの喜ぶことを考えてあげましょう」と、前向き=ポジティブな指導をすることによって、知らず知らずにネガティブな行動を抑制することが可能となります。「保護者と教員(などの指摘する側)との関係がこじれる」という明確なデメリット(今後の教育活動等に悪影響を及ぼす可能性が高まる)を避けることができるので、より良いプランと言えます。

-----

 上記の事例を踏まえて、黄金律について再び考えます。
 まず、黄金律には、“2つの方向性”があります。

http://www.nuclear.jp/~madarame/lec1/gold.html より
>ある行為がモラルに反しているかどうかの判定方法の一つに、「その行為を他人がする
>とき受け入れられるか」「自分だけのための例外を作ってはいないか」を問うことが行
>われる。普遍化可能性の規準に照らしてどうかを判定するわけである。

>この考え方を定式化したものが黄金律である。黄金律は次に示すように、ほとんどの宗
>教的道徳的教えの中に現れている。

>細かいことを言うなら、「自分の望むことを人にせよ」と「自分の望まないことを人に
>するな」とではベクトルの向きが逆である。日本人はどちらかというと後者のように考
>え、アメリカ人はどちらかというと前者のように考えるというと言い過ぎであろうか。

 2つの方向性がある黄金律は、いずれも本質的には「より良い、望ましい人間関係の形成」という、同じゴールを目指していることが分かります。

 ですが、結果は多少のズレがあることに、丁寧に着目します。

  • 「自分の望むことを人にせよ」 は マイナスの現状 を プラス にする。
  • 「自分の望まないことを人にするな」 は マイナスの現状 を ゼロ にする。

-----

 いじめの解決を、現場レベルで考えます。
 すると「自分の望まないことを人にするな」を選択することが望ましい、というのが私の見解です。

  • すぐにできる(気が付いた人がやれば良い。協力者を必要としない)
  • 即効性が高い(ストレスの原因が取り除かれれば、そのストレスは生じない)
  • 簡単(望ましいことをするにはスキルが必要。つまり「余計なお世話」の可能性も…)

 前回書いた通り「死を招くいじめ」がなくなることだけで相当重要なのです。
 ですから「自分の望まないことを人にするな」だけでも、特に「自分だったら生きていけないよ」ということを他人にしないだけで十分です。

 ただし、これは“マイナスの現状 を ゼロ”にしているに過ぎないことも見逃せません。(ここが池田さんの指摘!)

-----

 マイナスからゼロに改善された現状が、再びマイナスに至らないためには、“プラスを生み出す環境づくり”は確かに重要で、そのために「自分の望むことを人にせよ」という指導は大切です。

 ただし、その指導と同時に、「自分の望むこと」=「相手の望むこと」かどうかを検証できるスキルを高める必要があります。

 ですから、その指導をすることができる条件を考えると、

  • 指導する側に、そういった指導をするスキルがある(池田さんは絶対大丈夫!)
  • 指導する時間をかけるゆとりがある

の、少なくともこの2つが満たされている必要があると思われます。
 いじめの解決、特に「死を招くいじめ」の解決には、“生徒の成長を待つ”ということに時間をかけるわけにはいかない、ということですね。

-----

 逆に言えば、時間があるのなら「自分の望むことを人にせよ」という指導を継続させ、社会全体が良いことを生み出す土台を築くことが大切です。

 その役割を担っているのが「宗教」などでしょう。

 本校はミッションスクールですので、たまにこのような話もできます。
 実際に面と向かって、「自分の望むことを人にせよ」という話をするのは、ちと気恥ずかしいことかもしれません。(これが日本人的なのか(^^;?)

 そして、特定の価値に立脚した教育が難しい公立学校では、更に難しいかも。
 ですが、黄金律は普遍的な価値で、人としての常識ですからね。

… … …

 ただ、そういったことを大上段に構える必要なないと思われます。

 あくまで本校の生徒たちを見ただけでの見解ですが、どんな生徒でも「将来は人の役に立ちたい」とか「人から感謝されると嬉しい」といった、基本的な気持ちはきちんと持っている、という印象があります

 ですから「それなら、相手が困っていることを、もう少しわかってやれ」という、さり気ない指導で、クラス単位でなら良い方向に向かうかと思われるのです。

 そういったことをベースに、「いじめの解決を真剣に考えるのなら…」という一連の記事を書きました。

-----

 なお、教室ディベート連盟の会員等の皆さんがこちらのBlogをご覧であるのならば…
 『トライアングルNo.59 '06年9月号』に掲載された、NADE九州支部副支部長の池田賢治さんの「『思いやり』のすすめ」をご覧ください。

 ディベートはコミュニケーションの競技ですから、その競技への取り組みを通して、ディベーター全員に“他者を思いやる気持ち”を身につけて欲しいと、私も思います。

 更に私は、教室ディベートの普及のコンセプトとして『思いやりを育てるディベート』が良いのではないか、と、こちらで一度、提示しております。
 これを機に今一度ご覧頂けると幸いです。

 以上、長くなりましたが、池田修先生へのお返事、及びこちらをご覧の皆様への補足説明とさせて頂きます。m(__)m

#追伸:池田さん
 宮城野高校の実践の件、乞うご期待(^^) (実はコメントを頂戴したときには既に…)

|

« 盲人を“段階的に”いやすイエス | トップページ | ディベートで勝てない理由…立論? »

コメント

NAKO-Pさん、池田です。
丁寧なコメント、ありがとうございます。

ですが、どうも私の考えているところと違うのではないかと思っております。さて、なにがどのように違うのかを整理しようと頭をしぼっていたのですが、実は今右耳が聞こえにくくなっていて、普段でも回りにくい頭が、さらに回っておりません。

しばらく、まとめる時間を下さいねf(^^;。

では。

投稿: 池田修 | 2007.02.02 16:31

>池田さん

 まずはお体の回復に専念されて下さい。体調が戻りますよう、お祈り申し上げます。
 自分の考えているところをまとめてみましたが、相違点の指摘があれば、それを元に改めて考えます。

 (狭義の競技)ディベートとは違って、自分の立場や主張を守ることよりも、学び合いの中からより良いものを自分のものとすることの方が大事なことだと思っていますから。
 「木の芽が伸びるのはやわらかいから」というのは、相田みつをさんの書の言葉です。同じ自分であっても、成長するということは変わることなのかもしれません。
 急ぎませんので、お待ち申し上げます。

投稿: NAKO-P | 2007.02.07 02:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/13676067

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金律の“2つの向き”とコミュニケーション:

» あなたはまだ人間関係で悩みますか? [魔法の人間関係上達法!]
人間関係で悩む人、悩まない人。その違いとは・・・? [続きを読む]

受信: 2007.02.24 20:04

« 盲人を“段階的に”いやすイエス | トップページ | ディベートで勝てない理由…立論? »