« 2006年10月22日 - 2006年10月28日 | トップページ | 2006年11月12日 - 2006年11月18日 »

2006年11月5日 - 2006年11月11日の1件の記事

2006.11.06

〔3〕本番用の論題←サポートしませんか?

 さて、宮城野高校で進められているディベートの授業で、どのような論題に、どういった段取りで取り組むのか、担当の先生と打ち合わせて、知恵を絞り、策を練っているところです。先週の水曜日に、40分だけ宮城野高校にお邪魔しての、超ハイスピードな打ち合わせを行ないました。

#その後、教会の祈祷会の発題を引き受けておりまして・・・猛ダッシュな運転でした!

 まず、ディベートに取り組む段取りです。

  • 40人のクラスの役割分担
    →5人ずつのグループが8つ
    →4つの論題を2つのグループが肯定・否定に分かれて担当
  • ディベート甲子園フォーマットでは、1チーム4人ですが…
    →「質疑」と「応答」の人を分けることにより、1チーム5人の全員が試合に取り組む
    (このようなローカルルールはOKでしょう(^^))
  • 本番の試合は、1時間に1試合しかできないと思われる
    →残りの時間数を考えて、1時間で2試合ずつ行なうことを提案
    北海道の石山先生の実践を北海道で聞いてきたことがここで活かされる!

>・教室を2分割し、ディベータの立つ場所を反対向きにすると、ジャッジが困らない。
>
>  否定
>ディベーター→  ジャッジ
>  肯定
>              肯定
>    ジャッジ ←ディベーター
>              否定
>
> 上記のような配置だと、仕切りがなくても、同時に試合を展開できるそうです。

  • すると、8グループのうち4グループが試合、残りの4グループがジャッジとなる。
    2時間あると全員が、ディベーターとジャッジを経験できる。
  • 残り時間数が節約(試合に充てる時間数が半分!)できたので、今週はリサーチ&試合の準備に時間を割くことができる。
  • 最後の時間にはレポートを書かせる→文章評価

-----

 そして生徒たちに、教育的にもディベート的にも意義のあるリサーチ学習をしてもらうためにはどうしたら良いのか、ということを考え始めました。

  • あらかじめグループごとに、取り組む論題と、肯定・否定を決めてもらう
  • グループごとに、立論のラベルだけを、あらかじめ決めてもらい、それは対戦相手に公開する。
    (本当は立論の交換をして、かみ合った反駁の準備等をしてもらうのが良いのかもしれませんが、立論の作成がそこまで先行しないだろうと予想したのです)
  • グループ内で、立論・質疑・応答・一反・二反の担当を決めてもらう。
  • 担当ごとに、どのような準備をした良いのかを示す(マニュアル化して提示する)

ということを考えています。
 只今宮城野高校の先生が、打ち合わせの結果を受けて、リサーチ用のワークシートを作成しているはずです。今週もう一度、打ち合わせをする予定です。

-----

 で、更に、私のほうで何をしたかと言いますと、

  宮城野高校総合学習(ディベート)サポートページ

を作成しました。
 更にそのページの下に

  リサーチ用のリンク集

を作成しました。

-----

 お待たせしました。
 宮城野高校の生徒たちが取り組んでくれる論題の一覧です。

  1. 日本は週休5日制を廃止すべきである。
  2. 日本は小学校に英語教育を導入すべきである
  3. 日本は裁判員制度を導入すべきである。
  4. 日本はサマータイム制を導入すべきである
  5. 日本は救急車の利用を有料化すべきである
  6. 日本は高校を義務教育にし、高校受験をなくすべきである
  7. 日本の高校生はアルバイトをすべきである。

※参考まで、検討の過程でボツになった(宮城野高校の皆さんに選ばれなかった)論題

  • ごみ収集を有料化すべきである
  • 日本は動物園を廃止すべきである
  • ドラえもんは22世紀に帰るべきである

 恐らく1~5の論題は、学校で取り組むディベートの論題、或いは初心者が取り組むディベートの論題としては、現在のところ“かなりお薦め”な論題と考えられます。
 6・7は、宮城野高校の皆さんが考えた論題です。この論題でディベートがしたい、という気持ちは理解できますし、恐らく良いディベートが展開されるような気がします。

------

 さて、ここまで今回の記事を読んでくださった皆さん・・・

「宮城野高校の皆さんのディベート授業が、このまま有意義なものとなりますように」

という気分になりますよね(^^)

 そこでお願いです!

 リサーチ用のリンク集 に、「この論点だけは忘れずに考えて欲しい」ということが示されているWebサイトを、是非とも登録して下さいm(_ _)m

 やっぱり授業であっても、いい議論を展開して欲しいですからねえ(^^)

 それともう一つ・・・論題に関するお薦めサイトをご存じのディベート関係者の皆さんへ。
 
忙しい私にかわって、是非ともリンク集の充実にご協力下さい!
 清き1件のサイト登録を、宜しくお願いたしますm(_ _)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年10月22日 - 2006年10月28日 | トップページ | 2006年11月12日 - 2006年11月18日 »