« 2006年1月15日 - 2006年1月21日 | トップページ | 2006年1月29日 - 2006年2月4日 »

2006年1月22日 - 2006年1月28日の6件の記事

2006.01.28

サイエンスカフェ…数学~自然のなかの原理~

 日付的には昨日、東北大学サイエンスカフェ(第6回)に参加してきました。

 『数学はおもしろい~自然のなかの形を決める原理~』と題して、小谷元子先生(東北大学大学院理学研究科 教授)がお話ししてくださりました。小谷先生は猿橋賞を受賞されるような、実力のある先生でいらっしゃいました(受賞内容…を説明する能力は私にはござません(^^ゞ)

 「最少作用の原理」を受け入れると、自然のいろいろな事柄が数学的に証明できる、というような話でした。光は通常直進するなど、物理教員としては「うん、そうですよね!」と納得しながら聞いていました。針金を組んだものを石けん液につけて引き上げると、極小曲面ができることを実験してみるなど、数式を用いずに数学的な内容を説明する会となっていて、先生のお話に聞き入りました。

-----

 その中で、最近気付いた『教室ディベートの捉え方』に共通する言葉が出てきて、ビックリしました。

「ミクロではランダムな現象がマクロでは全体を統一する秩序が見えてくる」

 「たくさんのものが相互に作用する場合、それを数式で記述するのは不可能に近いが、逆にたくさんのものが相互に作用することによって個性が打ち消され、何らかの性質が見えてくる。それをまとめて面倒をみましょう(=数式で表現してみましょう)」

 …ディベートに当てはめてみて下さい。

 ある時期から、発生過程が複数あれば、相手から反駁を受けても全体が崩れにくい主張となる、ということで、これが推奨されました。

 現在では、一つのメリット・デメリットに発生過程や重要性が複数あるケースが多いですよね。(論点が増えると立証が薄くなる、ということもありますが…)
 で、個々の論点に対して、複数の反駁をする…
 …論点が増えれば、議論が複雑の一途をたどる・・・ような気がしますよね>皆さん

 相手の立論が理解出来ないのは、その見た目の複雑さに惑わされているからではないか、ということなのです。
 そこで“マクロで見れば、相手の立論で言いたい主張が見えてくる”=“分かる”=“反駁もできるし、勝敗判定もできる”=“おもしろい!”となる、ということなのです。

 これに関連することが、「最少作用の原理」とも関連して、小谷先生から語られました。

「たった一つのルールでいろんなことが証明できる驚き&大きな喜び!

 ・・・大いに喜び、楽しみながらディベートをやりたいじゃないですか!
 その、相手の立論をマクロ的に捉える方法について、明日の『宮城ディベート“楽しみ隊”』で試したい、ということなんですね。

 なお、上記のことがすんなりいかないことを予言することも、小谷先生から語られています

「実際のところ、世の中はそんなに単純じゃない。そこで証明が必要となる。数学者はそれを立証することに一生懸命なのである」

・・・ディベーターも、単純じゃない社会について立証するために一生懸命!

「一つのことを信じる(認める、受け入れる)と、複雑なことでも説明できる、というのは、“ベストシナリオ”なのだが、実際の現象は初期条件が変わると結果がガラッと変わるので、“ベストシナリオ”の適応というのは本当は扱いにくいこと

・・・ということで、明日試してみますが、実際にうまくいくかどうかは、2006年シーズンを通して試させて頂くしかありません。期待半分、不安半分です。

・・・ほら、何を聞いてもディベートのことばっかり考えている僕って、現在ディベートに深くはまっているんですよ。間違いない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年シーズン …日程

 さー、久々にベガルタネタ行きますか!

 新学期が始まって、生徒たちが廊下で声をかけてきます。
 「ベガルタ、どうなるんですか?大丈夫ですかねえ?」

 結構萎えてましたよ(^^; あんまりいいニュース聞きませんし。
 3億円?お金をつぎ込んで結果が出なかったあの時期に逆戻りしないのか?

 ただ、生徒には答えていました。
 「新監督による長期キャンプ次第だね…

 ・・・もしかして、僕の読み通りに、少しいいかも(^^)?

 新監督による練習の情報が、JOHさんのページで報告されています。

  • 時間通りに始まる(←時間通りに始まっていなかった今までがまずいんですって!
  • だらだら感が払拭される(←今までがプロとは言えない練習…うちの中学生より練習量少ない…
  • トラップ、パスの練習に時間を割いている(基礎が完璧で初めてプロの試合

 練習に裏打ちされる試合を期待します!

 何だかんだ言って、チームがどんな状態であれ、応援するしかないのですよ。ベガルタを!

-----

 で、日付的に昨日、チームの試合日程が発表されました。
 それをOutlookの予定表に入力するのが、毎年の大切な仕事。

 本校は第2、第4土曜日が休みで、第1、第3、第5土曜日には授業があります。

 「・・・あー、今年もアウェーに行きにくい日程だなぁ…。。。」

 水曜日に遠くのアウェーも多いし…

-----

 ま、ここ数年、ディベート部の活動の関係で、ディベート甲子園のある8月第1日曜日までは、ホームの試合にも行けないケースも、ままあります。

 するとですね、ディベートの活動が一段落する8月以降、徐々にベガルタにシフトして…

…昇格が絡んで来たりすると、予定を無理くりやりくりして、結局はアウェーであっても何であっても熱く応援に出向いちゃうんですよね~!

 今年も行くぞ!仙台レッツゴー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らい病も、私達の心も

 日付的に昨日の朝の礼拝は、アメリカから来ている宣教師の先生が担当でした。
 ルカによる福音書5章:12~16節、「らい病を患っている人をいやす」のところです。
 現在では「ハンセン病」という名称を用いるべきところでしょうか。

 その先生のメッセージ。

「私はあなたがたにイエス・キリストを紹介します。
 イエス・キリストは、救い主です。
 イエス・キリストは、全ての力(power)を持っておられます。
 らい病…ハンセン病とも言います…を癒す力もあります。

 この皮膚病は、本当に重いものです。

 一方で私達の心は、傲慢、妬みなどで、とても醜くなっています。

 重い皮膚病ですら癒すことのできるイエス・キリストは、私達の醜い心ですらも癒して下さる、そういう力を持っています」

 

 アーメン。主よ。私の心…覆い隠されている醜い部分…を癒し、まっすぐに整え直して下さいm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.27

運営会員になる

 全国教室ディベート連盟の運営会員になるべく、会費を振り込んできました。

 先週の金曜日に書くべきでしたが、授業の空き時間に郵便局へ行って、1万円の振り込みを済ませました。

 ディベートへの発展に、僅かでも寄与できたのかも(^^;

 そしてお金の面のみならず、教室ディベートに正面から関わることになるのかな、と思ったら、ちょっとだけ気分がよかったです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.24

『教室ディベート』は“分かりやすい”=“おもしろい”→そこではじめて普及する

 ディベート甲子園を取り上げたテレビ番組を初めて見てから10年、ディベートに対する数々の疑問、懸念、危惧、違和感、嫌悪感がありましたが、ここにきてようやく、それらを払拭する見解が持てた気がしましたので、忘れないうちに書いておきます。

-----

 そもそも多くの人が、ディベートについて「よく分からない!」と受け取っていると思われます。

 まず聴衆
 ディベート甲子園の試合等、特に決勝を見て「なんだあれは?」と疑問に思う人がいることを、NADEのフォーラムに書き込まれたことが度々ありました。
 もちろん、フローシート(メモでも可)をとらずに、6分or4分のスピーチ(そして、その中の立証)を理解することは実は大変なのでして、そういったことをせずに「分からない」という方々には「ちょっと待ってね」と言いたく、更には「ディベートをするのはごく一部の好きな人達だけ…オタクとは言わないけど心では思っちゃう」なんて人には小一時間問い詰めたいところですが、まあ「分からない」と受け取る方がいることは確かです。(それを防ぐスピーチも可能ではあるのですが、今回の記事の趣旨とはずれますので、ひとまず置いておきます)

 次にディベーター自身。実は「ディベートって本当のところ分からない」と思っていませんか?
 どんなスピーチをしたら勝てるのか、と考えてスピーチができるディベーターは、一部の優秀な方々でして、とにかく肯定/否定の意見を頑張ってスピーチするので精一杯、というディベーターは多いのでは?
 そして、「ジャッジという人がよく分からない=どうして勝敗を付けられるのかが分からない」…と、強く思う人は、負けた側に多いと思うのですが、勝った側にもたまにいて…
 そもそも中高生のディベートを聞いていると、「相手の主張や根拠はよく分かりません」と連呼しているではありませんか(^^; ディベーター自身が「分からない」と主張することを、ジャッジや聴衆が分かるわけがないのでは?と以前述べました。

 次にジャッジ
 「うーん、よく分からないけど・・・こっちだろう」と判断しているケースも無きにしも非ず。
 ただし、(1)フローのみから判断する(2)自分の持つ専門的な知識は当てはめない…といった、ジャッジとして外してはいけない基本的なことが押さえられている場合には、その方の判定をディベーターは受け入れるしかないでしょう。更に、基本を踏まえた3人以上のジャッジが判定している場合には、その判定を受け入れる以外にありません>ディベーター

 最後に指導者
 …というか、分からないから指導できない=授業で取り入れられない、ということが起きています。
 また、生徒が折角「ディベートをやってみたい」と提案したり、引率のお願いをしても、それを渋る教員がいたり…。
 一方で、現在指導している方々の中にも、「実はどうしたらディベーターにとって良いのか分からない…」という人も少なくないでしょう。
 OBOGの中で「ディベートのこと、本当はよく分からないから…」という理由で、母校に帰りにくいとか、ディベートから遠ざかっている人、とかいるようです。

------

 「そんなことはありません。ディベートについての理解があります」という人も、現在ではたくさんいます。
 でも、私はそういう方々についてこう思います。

 そういう方々は、天才です!

 もしくは、長年の努力によって、ディベートの本質を見抜いた方々、でしょう。

 イメージとしては「スーパーサイヤ人」のように、戦いを続けている中で突如才能が開花して、ディベートのスキルのグレードを高めることに成功した方々ではないか、と思っています。

-----

 で、私自身、特にディベート愛好会→ディベート部の顧問となってからは本格的に、ディベートに向き合って悩みつづけてきたと思います。最初に書いたように、決して『教室ディベート』に対して、プラスのイメージばかりを持ちつづけていた訳ではありません。そして実際に私は、大会に生徒を引率して、あまり良い成績を残せていません。東北大会でも優勝したことはありません。まあ、現在でもその程度の指導者です。

 そこで、実際に指導面において成功している方々から学ぶ機会を積極的に持ったつもりなのですが、ここにきて、それら学んだことを総合的に考えると、ある結論に達するのです。

 『教室ディベート』が提唱するメリット・デメリット方式は、分かりやすい。

 冷静に、ポイントを押さえて捉えてみると、実は多くの人が思っているよりも『教室ディベート』は易しくて分かりやすいのです。

 私も度々、ディベート甲子園決勝の会場で、フローを取りながら、「恐らく勝敗はこうなるだろうな~」といった予想をすることはできましたが、実際には「難しい議論を提示してくるなあ」とか「この試合展開はどのように解釈したらいいんだろうなあ」とか、「本音を言うとよく分かりません!」と内心思っていたことも度々でした。

 ところが現在、本校の部活動で、歴代のディベート甲子園のビデオを見ているのですが、当時分からなかったことがよく分かるんですよ。
 また、当時「そういうディベートはどうかなあ…」と否定的に思うようなことも、「ああ、本当はこうすればすっきりなのね~」と思えることもしばしばです。
 特に「カードチェック」は質疑でやると、とてもイヤミに聞こえることが分かりました。第一反駁でやるのがコツです。

-----

 先程述べた“天才!”の方々は、ディベートを理解するためのポイントを押さえることに長けています
 また、全国でも名のある指導者の方々は、生徒たちにその“ディベートのポイント”が押さえられるような指導を、結果的にしています

 ポイントとは何か、と言いますと一つは、【相手の立論を理解すること】です。

 【相手の立論を理解すること】ができれば、反駁のポイント等も見極めることができて、試合でも勝てるようになりますし、ジャッジもできますし・・・ほら、ディベートのスキルが簡単に上がります

 そして実は【相手の立論を理解すること】には、更にコツがあるのです。
 そのコツとは…ここではナイショにさせて下さい(^^;

 ヒントは2つ。

 1つめは、嶽南亭主人さんの『ディベート心得帳:重要性の重要性①:ダメな重要性』及び『ディベート心得帳:重要性の重要性②:膳所高校に学ぶ』を御覧ください。
 なおそのことは、私も以前から漠然と思っておりまして、(旧)ディベートフィードバック掲示板に書いたことがございます

 2つめは西部直樹先生のBlogに書かれたUさんのスキルアップ体験談にありますので御覧ください。

-----

 で今、私が過去のディベート甲子園のビデオを見て感じるのは、

「ディベートはおもしろい!」

ということなのです。今、生徒たちと部活をしていて、今までの部活にはない楽しさを感じています。

 なぜおもしろいと感じられるのか、それも理由は単純であることに気付きました。

「そのディベートがよく分かるから」

 …勉強・授業と一緒です!

 分からない勉強・授業を「おもしろい」と感じる生徒はごく僅か
 「おもしろい」と感じる勉強・授業は、「分かる勉強・分かる授業」

 まあ、もしかすると、分かってもおもしろいと思わない人がいるかもしれませんが、それはディベートとは相性が合わなかったということで・・・。

-----

 すると、授業と一緒で、指導者がディベートに対する理解を深めて、指導者自身が「ディベートっておもしろい」と思えて初めて、ディベートは授業に取り入れてもらえたりするのだと思われます。

 ディベート普及の鍵が、ここにあることに気がつきました。

 逆に言って、今は「どうしたらディベートが分かり易くなるのか」という“鍵”が普及していないのです。

-----

 今度の日曜日に『宮城ディベート“楽しみ隊”』の例会があります。

 ディベートが分からない状態では、いつまでたってもディベートを楽しめないじゃないですか!

 ということで、私の“見解”が本当に正しいかどうか、【相手の立論を理解すること】のコツが、ある程度の人達に納得してもらえるものなのかどうか、試してみたいと思います。

 その結果として、ディベートが楽しめたらいいのですが・・・実際にうまくいくかどうか(^^;???

 正直自信がありません。
 いろいろ考えまして、ネットでは公開しないことにします。ゴメンナサイ。お許しを>ALL
 実際にお会いして、ある程度の時間をかけて説明でき、その場で質疑応答に答えられるような機会に来てくれた方々に、直接聞いて頂けるのでしたら幸いです。ということで、“楽しみ隊”の例会のような実践の場で少しずつ温めて、より改善し続けておきたいと思います。こんな私が気がついたことに興味がある、という方は、“楽しみ隊”の例会やディベート関係の大会等のイベントなどで私に会ったときに質問してみて下さい(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.23

センターが終わってからが僕の出番!

 昨日でセンター試験が終わりましたよね。

 で、今日は私がフル活動する日なのです。

 センター試験の自己採点結果の本校分集計です。

 進路部だった頃から頑張っていました。只今情報システム部として担当しております。
 エクセルのシートも改良が重ねられ、自己採点結果が入力されると、各教科の平均など、そして2次出願用の面談の資料など、必要なデータが一覧になるようにまでなっています。

 その準備、先週「よしよしOK!」と思っていたところが…

新過程ですから、リスニングなど新しい教科、総合理科など消えてしまった教科など、式から修正しなければならない点がたくさんあるじゃあないですか!

 ということで、日付的に既に当日(AM 1:51)なのですが、こうして夜中まで修正&準備作業をしているわけです。

 それでも、正しく動作する自信がありません

 まあ、仕方がありません。入力してみて、不具合を見つけて頂いたら、その都度直していくしかありません。
 また、明日以降でいいものは、後回しにしました。

 嘆いていたたくさんの仕事も徐々に取り組めているのですが、この週末の時間は、センター集計準備に奪われてしまいました。

 ご迷惑をおかけしている皆さん、「……の仕事はまだですか~?やってくれませんか~?」とかリクエスト下されば有り難いです。どの仕事で誰にご迷惑をおかけしているのか、認識できていないです。特にディベート系の方々、いかがでしょうか?個人的にはOBOG会の立て直しと、オンラインディベートの立て直しが一番遅れていると認識しています。あと1ヶ月くらいすると、今年のディベート甲子園の論題が発表になることでしょう。いつもは「まだかな~早く発表して欲しいなあ~何月何日が発表日なのかな~」とか考えるのですが、今年は逆で「待って下さいよ~!仕事追いついてませんよ~!」という感じです。逆算してみて、論題発表1ヶ月前には準備を整えておきたいと思っていたことがまだできていません・・・でも、今日のセンター集計が終わらねば・・・、という形で苦しくも頑張っています。

 最近は目が充血(出血)してしまいました。疲れが取れていないせいでしょうか。そんなこともあり、昨日(日曜)の午後に少し寝させてもらいました。それでも仕事は待っていないというのが実情です。

 以上、皆さん宛に報告でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月15日 - 2006年1月21日 | トップページ | 2006年1月29日 - 2006年2月4日 »