« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年9月24日 - 2006年9月30日 »

2006年9月17日 - 2006年9月23日の2件の記事

2006.09.22

明日の午後空いていたら…

 更に仙台近郊の方しか×なのですが…

 一緒にディベートを楽しみませんか(^^)?

 『宮城ディベート“楽しみ隊”』 久々の例会です。

 移転して新規オープンの仙台市市民活動センターで行ないます。
 15:15~17:45です。
 中高生&OBOGが『裁判員制度』に関するディベートをしてくれます。
 『メモの取り方とその効能』ということで、メモに関するレクチャー&意見交換をします。

 ディベートのスキルが、皆さんの社会生活のプラスになればと期待しての例会です。

 このようなレクチャー&意見公開付きの例会を、月1回で計5回、来年の1月まで継続させます。明日が×でも、是非来月お越し下さい。

 また案内します(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.18

06.9.14 『評議』を見る

 中3・高1部員とラバーズS藤君が集まったところで、仙台地方裁判所からお借りした『評議』を見ました。

 『評議』は、各地方裁判所で貸し出しを行なっています。
 この論題に取り組む方でゆとりがあれば、そして、裁判員制度に関して本当に予備知識が足りないなぁ、とお感じになる場合には、各地方裁判所に問い合わせをしてみると良いと思います(^^)

-----

 本日もまた、クラスの生徒の、指定校推薦用の指導が終わるまで、裁判員制度の証拠資料の本を読みながら待っててもらってからのスタートです。まあ、何と言いましょうか…教員と言うのは忙しい職業で…部員には申し訳ないですm(__)m

 で、いざビデオを見たのですが…

 …いや、やっぱりドラマ仕立てなので…

 「そんなはずはない」とか「いや、あの二人は、元の鞘には戻れるわけがない」とか、テレビドラマにツッコミを入れながらのオヤジ風な試聴ぶり(^^;

 ビデオを見た感想なのですが、裁判員制度がうまくいくか否かは、評議の司会役を務める裁判官の方の司会ぶりが上手かどうかで決まるような気がしました。

 個人的には、先日お話を伺った地方裁判所の総務課の方のお話の方が納得できました。
 ま、ビデオは“ドラマ的補助教材”ということで(^^;

-----

〔その他〕

●部長決まる・・・というか、分業制スタート!

  • 部長&ディベートの議論のリーダー:E藤君
  • 外交(他校との交流)担当:S藤H君
  • 部の運営(楽しいことの企画)や部内意見調整役、『ディベートの心得』のかけ声役:I澤君

 I澤君が年上なのですが、ディベート歴はE藤君が最も長く、そして社交性No.1がS藤H君、ということで、分業制を助言したのでした(^^)
 勝利も目指すが部の楽しさも忘れずに、といった、バランスのとれた部の運営ができればと思います(^^)

 ちなみに、S藤H君には、ネットのスキルをUPしてもらって、ラバーズS藤君からラバーズ担当を引き継いでもらう予定です(^^)

●証拠資料の回し読みスタート

 私が東北学院大の中央図書館から借りてきた裁判員制度に関する本3冊を、5人で回し読みします。
 毎日昼休み13:05に、物理室前に集合し、次の人に本を渡したら解散、ということをしばらく続けます。

 本を読んで、議論に役立ちそうなページには付せんを貼る作業をします。
 肯定側に役立ちそう:青、否定側に役立ちそう:赤、その他重要な内容がある:黄、の付せんを貼り、それぞれにラベルを書いておくのです。そうすると、後から読む時、参照が楽です。

〔次回〕

 9月19日(火) 放課後 物理室で
 お試し立論でのテストマッチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2006年9月24日 - 2006年9月30日 »