« 2006年3月19日 - 2006年3月25日 | トップページ | 2006年4月2日 - 2006年4月8日 »

2006年3月26日 - 2006年4月1日の2件の記事

2006.04.01

ディベート部の不思議で大きな力

 去る土曜日・日曜日と、関東甲信越地区の春季大会に、中高生を引率してきたのは前回の日記に書いたとおりです。

 その帰り際に、本校のディベート部員で、Project of Debate Loversにおいて水曜日の日記を担当する佐藤君が、非常におもしろくて大切で貴重なことを言ったのです。

 「ディベート部くらいですよ!こんなに他校の部員と深い繋がりが持てるのは!」

…いや、例えば吹奏楽部とか、合同演奏会とかするし、他校の部員と仲良くなったりするんじゃないの?と聞いたら、以外とそうでもないらしいのです。で、ここに、ディベート部の大きな特徴があると彼は言います。

 「共通の話題があるんですよ!別な部活であれば例えば、何かのことで話しかけても相手に引かれたりするんですが、ディベートだったら論題のこととかだったりで、話が尽きないんですよ!」

…をを。その「引かれない」というのは、中高生にとって大切ですね!

 そして「共通の話題がある」というのは、実はコミュニケーションにおいて重要なポイントです。

 それに呼応するように、本校の部長が語りました。

 「確かに、いろんな人と繋がりが持てました。決勝の会場で、隣に座った慶応の引率の方と、道州制について語り合ったんですよ。権限をこうしたらどうか、って話したら、『うんそれはいい考えだ』と言ってくれたんですよ」と。

 良かったね~。自分のアイディアが認められて。
 そして、“認めてもらえる”って経験が、人間にとって大事なんだよね。

 だいたい『道州制』みたいに難しめな、国の政治の話題が共通の話題になって、熱く語って他人と分かりあえるなんて、中高生にとってはめったいないと思いますよ。でも、それができる君たちは今、貴重な経験をしているんだね。

 4月から東北学院中学高等学校に入学して下さる皆さん、そんな貴重な経験ができて、全国に友達ができるディベート部に、是非入部して欲しいです!中学生、高校生1~2人でOKなんです。何とかお願いいたします!!

-----

 そんな形で、全国のディベーターとの繋がりを形作るディベートラバーズの皆さんが、『Project of Debate Lovers』チームとして、オンラインディベートに取り組みます。

 全国に散在するメンバーが1つのチームを組み、知恵を寄せ合ってディベートができるなんて、イイじゃないですか(^^)

 関東甲信越大会に集まっていたラバーズのメンバー、北海道、長崎、宮城、千葉、東京…「ドリームチームが組める」と楽しそうに話していたのを忘れません。

 イイ試合をして下さい!期待しています!

 また、よろしければ是非、彼らに声援を送って下さい!
 対戦相手にも送ってあげて下さい(^^)
 閲覧者用のBBSを準備しました。
 今回のディベート甲子園論題に関するコメントも大歓迎!ほかじゃあんまり聞けないかも(^^;

 私がこなす仕事が、そしてこちらのBlog「でぃべーたぶる」が、全国のディベーターに少しでも役立つものになっていれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.28

オンラインディベート更新する

 関東甲信越支部の春季大会の閉会式でアピールさせて頂いた関係上、仙台へ帰ってきて、真っ先に取り組んでいるのは、オンラインディベートのサイトの更新作業です。

  • 今年度の論題で登録できるようにCGIを書き換えました。
  • CGIのメールの送り先を、新しいオンラインディベートの連絡先メールアドレスへ変更しました。
  • 準備が出来た段階で、NADEのBBSやmixiに、アピール文を掲載しました。

 すると有り難いことに、1名の方の参加を得ました
 オンラインディベートは、1名でも参加があれば有り難い、という感じで、細々と継続させてきました。
 ただ、参加者の少なさとは逆に、多くのディベーターが参照して下さっているようです。
 大会では「その議論や資料は、オンDで公開されていたものですね(^^;」という場面に出くわします。でも「ああ、参照して下さっているんだぁ。役立っているのかな」とか思います。

 さて、その1名の方に、無事に試合をして頂くには

  • 仮受付をした旨の返事を出します。
    そのために、動作が怪しかった自宅の自室のマシンから、オンD用のメールデータを、ノートパソコンに移動させました。
  • ノートにインストールしたBecky!で、新しい連絡用アドレスを使えるようにして、I前作成した応答文を利用できるようにして、ようやく応答しました。

とするわけです。

 更に有り難いことに、その方は、こちらからの応答文に同意して下さって、本登録と相なりました \(^o^)/

-----

 それと同時に、tamaki=mickyさんから、オンDへの要望が寄せられていたので、それに応じるために、長年の検討課題だったオンDQ&AのBBSを設置しました。(今まではQ&AをHTMLで書かねば、と思ってたいたので先送りしたのですが、BBSで上手に構築するテクニックを覚えたので、この度実現させました)
 その質問への応答に必要だったので、記念すべき第1回オンラインディベートを再掲載しました。ただ、そのままUPしたのでは、新しく見た方に誤解されてしまうと懸念されたので、注意書きを加筆しました。
 これによって、過去に寄せられていた質問等にも、BBS上で応じて、その内容を手軽に公開できるようになりました。楽です!楽なことはいいことです!

-----

 さて、オンラインディベートはこの週末、4月1日(土)より、ディベート甲子園論題を用いた練習会を開催します。

 ・・・正直申しまして、高校論題をやって下さる方が不足しています!

 1~2名、どなたかいらっしゃいませんかねぇ?

 ・・・とまあこんな感じで、本質的にディベートとはそもそも、手間のかかる競技なので敬遠されるんじゃないかなあ、と思う次第です(^^ゞ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年3月19日 - 2006年3月25日 | トップページ | 2006年4月2日 - 2006年4月8日 »