« それは面倒くさくないのか? | トップページ | 〔4〕まとめを迎える段階までに »

2006.11.18

可能性が消える場面に出くわすと…

 予定された会議が延期され、めずらしく太陽が高い位置にある状態で帰宅できて、スカパー付けて、大好きなチームのサッカーをみて、やっぱりワクワクしている僕!

 引き分けでもダメな状態で、先制してもすぐ追いつかれ、後半はPKも防がれて、選手交代も機能せず、敗北。

 近々「J1昇格の可能性が消える」という状況を迎えそうだと、しばらく考えていて、心の準備はできていたつもりだったのですが、やっぱりその瞬間を迎えると、一気に凹んじゃう自分に気がつきます。

 僕らの思いを分かってくれよ>チーム関係者

 そして、来年に繋げてくれよ…。 繋がればいいんだよ…。 敗戦とか、昨年の苦い経験とかが、毎回の試合に繋がっているように見えないから空しいんだよね・・・。

|

« それは面倒くさくないのか? | トップページ | 〔4〕まとめを迎える段階までに »

コメント

その結果、陽が高いうちの帰宅も無意味な、ふて寝??状態で、活動再会は、いつもの、通常の時間から…。あぁ、ベガルタのある生活って…(;^^)

投稿: N.T | 2006.11.19 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/12736868

この記事へのトラックバック一覧です: 可能性が消える場面に出くわすと…:

« それは面倒くさくないのか? | トップページ | 〔4〕まとめを迎える段階までに »