« 重要度の高い仕事が29 | トップページ | TVチャンピオンで動物園、そこには… »

2006.10.07

見放されていることが守られていること

 今日は学校が…休みじゃなかったはずなのに、休校日に変更になった休校日です。
 朝から大雨。JRもほとんど止まっていた…らしい。
 ということも知らずに、車で学校へ。物理の講習をしに行きました。
 はじめ、講習の教室にいたのは5人(^^; …これが登校日だったらタイヘンだったでしょう(^^; ちなみに最終的な講習の参加者は9人でした。

 講習が終わっても、JRの運転が再開されていない。
 生徒たちは保護者に送迎してもらって来たのだという。
 では帰りは、仙台駅まで送ってあげよう、そうすれば地下鉄とかに乗れるだろう…

 …と思って、僕も帰ろうとしたところ、

  財布がない! 財布の中にはお金も免許もある!

 …ん、そういえば、学校に来た時にはあったぞ。財布の中にあったカードと、物理地学教員室の鍵を、守衛室で交換してもらったのを覚えている。

 …もしかして・・・?

  ・・・ありました。

  教員用の玄関の靴棚の上に無造作に!

 いやあ、雨でほとんど人がいない、生徒も来客もない、という、ある種見放されたような環境で、僕の財布は見放されていた…ということが実は、神様から守られていた、ということなのかな(^^;?

 以後気をつけます。m(_ _)m

|

« 重要度の高い仕事が29 | トップページ | TVチャンピオンで動物園、そこには… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/12184533

この記事へのトラックバック一覧です: 見放されていることが守られていること:

« 重要度の高い仕事が29 | トップページ | TVチャンピオンで動物園、そこには… »