« ご案内:東北地区のディベートの取り組み | トップページ | コメントへのレス、するようにします »

2006.05.31

社会とディベートと税務大学校

 今日の午後は、人事院東北事務局が開催した国家公務員III種試験の説明会に行ってきました。本校から受験する生徒は…記憶にないくらい(=ごく少数)なのですが(^^ゞ、少し自分自身の見聞を広げることができました。

#留守の間、学校は大丈夫だったんだろうか…
#うちのクラスに「鬼の居ぬ間に…」状態な生徒がいないことを願うばかりで…

 皇宮警察の方が皇宮護衛官の採用に関して説明した中で、望ましい人材として「自己アピールができる」「多面的視野を持ち、問題意識を持った生徒さん」と言っていました。

 まさにディベートじゃん!、って感じで聞いていました(^^ゞ

 やっぱり、社会で求められている資質を、ゲーム感覚で身につけるのに、ディベートを楽しみながら取り組むっていい事なんじゃないかな~って思います!

 現在、次回の開催日が決まっていない『宮城ディベート“楽しみ隊”』ですが、ディベート甲子園が落ち着いたら、『共通論題』を用いて、主に社会人の方々に対してディベートに触れてもらうようなスタイルでできないか、というアイディアがあります(一人で考え中(^^;)。

#『共通論題』に関しては、近々アイディアを提示します(^^)

-----

 さらに驚いたのが、国税局の採用に関する説明です。

 まず『税務大学校』という大学校があるんですね!知りませんでした。
 外部模試の大学コード番号表の「大学校」のところに掲載されていませんものね。

#大学校って、ほかにもいろいろとあるんですね。こんなページがありました。

 更に驚いたのは、その『税務大学校』の年間スケジュールなのですが…

 7月と12月に、ディベート大会が開催されているではあーりませんか!!

 休憩時間、国税局から来た方に「どんな論題なのですか?」と聞いたのですが、ご存じないとのこと。

 どなたか情報ありませんか?

 そして私はこんなことを考えました。

 全国教室ディベート連盟が国税局と連携することができれば、もっとディベートを国家レベルで取り上げてもらえるチャンスが増えるのではないか、と。

 ・・・以上妄想終わり! ・・・いや、以外といい線行くかも!
   いかがでしょうか?>NADEの方々

|

« ご案内:東北地区のディベートの取り組み | トップページ | コメントへのレス、するようにします »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/10337290

この記事へのトラックバック一覧です: 社会とディベートと税務大学校:

« ご案内:東北地区のディベートの取り組み | トップページ | コメントへのレス、するようにします »