« 『反駁の4拍子』をする気持ち | トップページ | 非論理的な私達の“論理的な態度”とは »

2006.03.17

「めんどくせー」「うぜー」と「よっこいしょ」

 教員なんで生徒にいろいろと指示をするんです。
 例えば日直の生徒に、「(日直の仕事として決まっている)廊下の掃除をよろしくね」とか。

 昨年まではあまり気にならなかったのですが、今年の生徒は指示を受けた直後、一言目に「めんどくせー」と言う生徒が多いんです。こちらは結構カチンときます。なぜかというと「めんどくさいならやるな!やらないと困るのは自分のくせに。不平不満を俺に聞かせるな!俺だってめんどくさいと思うことがたくさんあっても責任感でこなしているんだよ!だいたい『めんどくせー』と口にするおめーを指導すること自体がめんどくせーんだよ。じゃあ、おめーを指導することをやめてもいいのか?」・・・とまあ、こちらの心情は全く穏やかではないのです(^^;

 で、渋々ながら動き始めるのですが、動きながら彼らは「あー、うぜー、うぜー」って口にするんですねぇ、このお坊っちゃま方

 もぉねえ、こっちだってたくさんの仕事を抱えて苦しい思いをして毎日頑張っているのに、何てこの人達は不平不満を安易に口にするんですかねえ。聞いてるこっちが頑張れなくなりますよ!

-----

 と、この1年、苦々しい思いをしてきたのですが、ふと気がつくと、彼らは「めんどくせー」「うぜー」と言いながら、こちら側からの指示を完全に拒否し、サボるというわけではない、ということにも気がつきました。

 そのことを妻に話すと、

「そういう生徒たちの『めんどくせー』『うぜー』は、おじさん方の『よっこいしょ』と一緒なんじゃないの?」

というのです。

 この分析は的を射ていると思いました!

 “おじさん的な高校生”は、不平不満なセリフを口にしながらでないと行動を起こすことができないのかな?

 確かに、「さあ、これからお湯を沸かすぞ」と、自分のやりたい行動を毎回毎回口にしながら行動している年配の方々を見かけたことがあるので・・・人間って年齢じゃなくってそういうものなのかな、とか思ったりします。

 皆さんの周りの方々はいかがでしょうか(^^;?

|

« 『反駁の4拍子』をする気持ち | トップページ | 非論理的な私達の“論理的な態度”とは »

コメント

一つ好例をご紹介致しましょう。
俺の所属していたアメフト部の同期で
一番影の努力家でアメフトを愛してやまない男がいたのですよ。
彼の口癖がまさに「めんどくせー」とか「うぜー」とか。
一見するとやる気のない感じをしてるんです。
練習前とか後の話ですけど。
つまり自分の心のバランスを取るため、
もしくは周りに過剰なストレスを与えないための
ポーズなんですね。
本人は全くそんなこと言いませんけどね。
不言実行を貫く漢でした。
オンオフの切り替えで態度ががらっと変わるんです。
オンの時は誰よりもストイック。
オフの時は言いたい放題言うけど、
その分(以上に)体動かすよ?
ってな感じです。

無用にでしゃばるのが嫌なのかも。
口で語るより背中で語ったほうが渋いとか。
色んな価値観がありますよね。

投稿: あべたか | 2006.03.17 02:56

こんにちは。

 初投稿です。

>で、渋々ながら動き始めるのですが、
>動きながら彼らは「あー、うぜー、うぜー」って口にするんですねぇ、このお坊っちゃま方。

 自分、そうです。。。実は。というか、自分の父親もそうです。
仕事に行く前にブツブツ文句言いながら、支度しています。

 自分で気づいて、「これじゃ、周りに誤解される」とか思って、なるべく言わないようにしてますが・・・
気づくと言ってます。
別に仕事が面倒とかそういうわけではないんですが(^^;

 なんだか、やってあげてる感が出るんじゃないでしょうか。日直というと、例えば、30人クラスですと、1ヶ月に1度しか回ってきませんし。
小学校の時を思い返せば、自分以外の生徒は仕事してないわけですし。

 興味深い話だったので、熱にまかせて投稿してみました。

ではでは。

投稿: P&J← | 2006.03.17 15:03

楽しい分析で、笑えました!
学生が突然おじさんに見えてくるような・・・ちっさいおじさん

でも周りを不快にするのはよくないですよね。
それと、自分も幸せではないと思うんですけど?
私は、例えば「掃除しなきゃ」ではなく
「掃除したいんだ」と思いながらやるようにしてます たまに忘れるけど
だって本当はきたいないのがいやだからやりたいんですよね。

投稿: かっしー | 2006.03.17 20:45

えっと、私の言ったことは少し的からずれていたようですね。
生徒には以下のタイプがあるんだと思います。
1.真面目で掃除をきちんとする人
2.真面目だけど掃除をきちんとしない人
3.不真面目だけど掃除をきちんとする人
4.不真面目で掃除をきちんとしない人

2は口だけは達者なヤツってことです。
それぞれはっきり分かれているわけではないでしょうけど
チームの雰囲気を壊す順番
仕事をきちんと達成する順番
という観点から4タイプを考えてみてください。
私の場合、両方とも2と4だと思います。
2の人間は3の人間にとって一番面白くない。
もし2の人間が放置されたままだと
3の人間が4の人間へとシフトしてしまいます。
もし全体を良くしようと思うのなら
まず3の人間や4の人間に強制を促すのではなく、
2の人間を3の人間の前で叱り、3の人間を評価することから始めるとうまく行くと思います。

投稿: あべたか | 2006.03.18 23:32

12行目訂正
4がワーストで2がセカンドワーストだと思います。

投稿: あべたか | 2006.03.18 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/9125401

この記事へのトラックバック一覧です: 「めんどくせー」「うぜー」と「よっこいしょ」:

« 『反駁の4拍子』をする気持ち | トップページ | 非論理的な私達の“論理的な態度”とは »