« 「辞めろ」ではなく正確には「学べ」&「変われ」 | トップページ | 高齢者からの強烈なメッセージ~反戦 »

2005.09.13

短くて“ピタリ言い当てる言葉”

 今年の6月23日(水)のことですが、『'05 高校生のための文化講演会』の対象として、本校が選ばれ、ねじめ正一先生がお越し下さり、講演して下さりました。

 先生の公演の一部です。

「初めて書いた4行詩に『宙ぶらりんの自分』という言葉を使った。」
「その言葉・表現が、もやもやした、イライラした自分をすっきりさせた!

「正確さのある言葉、ピタリ言い当てる言葉が、言葉の向こう側にある現実の正確さを言い当てた!」

 これは素晴らしい!

 ディベートでも、この「ピタリ言い当てる言葉」を、ディベーターが言ってくれるかどうかが、勝敗を分けます。
 この「ピタリ言い当てる言葉」は、聞き手に「思い出させる」言葉だと、ねじめ先生は言いました。
 つまり、プラン後どうなるのか、よくわからないところを、ズバリ連想させてくれる言葉をジャッジに伝えることができれば、かなり勝利に近づくことができると思うのです。

-----

 ねじめ先生は「キュッとつかめる瞬間があるから詩人をやれる」とおっしゃります。しかし「一週間は(「ピタリ言い当てる言葉」によって、もやもやが)すっきるするが、またもやもややイライラが来る。また言葉を探す戦いが始まる。それが辛い」ともおっしゃっていました。

 また「『正直』と『正確さ』は違う」ということもおっしゃっていました。

 ディベートの試合で、どういった言葉を選んで話せば良いのか悩むことと、ねじめ先生が詩人として言葉を戦いながら探していることとに、共通項があるような気がしました。

-----

 ただ、全国の前には、上記のように思っていたのですが、ディベートの側で言うとやはり、ある程度の文量の説明をしなければ理解してもらえない領域があるような気が、全国後の現在はしています。
 全く、ディベートという競技は悩ましいです!

|

« 「辞めろ」ではなく正確には「学べ」&「変われ」 | トップページ | 高齢者からの強烈なメッセージ~反戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/5926860

この記事へのトラックバック一覧です: 短くて“ピタリ言い当てる言葉”:

« 「辞めろ」ではなく正確には「学べ」&「変われ」 | トップページ | 高齢者からの強烈なメッセージ~反戦 »