« 人生を学ぶ …三浦光世氏、来仙 | トップページ | CO2、減ってくれるのか? »

2005.06.08

辛い事が多かった中で特筆すべき嬉しかったこと

 一昨日は、宮城県の高総体の3日目で、各種目大詰めでした。
 本校では、県内でも毎年上位に進出するバスケット(準決勝)とサッカー(決勝)が勝ち上がり、会場もグランディ21&宮城スタジアムと同じ敷地内の施設ということで、全校応援となりました。

 生徒たち…というか私は、日頃のうっぷんを晴らすように激しく応援していたのですが、バスケットは第3クオーターに逆転されてそのまま負け、サッカーは後半のロスタイム残りあと数十秒というところでPKを取られて同点、再延長の末、まあ敵ながらあっぱれ&ラッキーなロングシュートが決まり、かつコーナーキック時にキーパーも上がるパワープレーが失敗してその後カウンターで失点し、1-3で敗れる、という日でした。

 相当がっくりきました(T_T)

-----

 で、せっかくの嬉しさが、高総体の応援の後で味わえなくなってしまったのですが、一応こちらのblogには書いておきたいと思います。

ディベート甲子園東北予選
“中学の部”に初出場!

 いやあ、たった一人の中学部員にパートナーが見つかって、実現しました。2名での参加です。中学部員の彼はこれで大いに救われたでしょう。私もホッとしました。(支部長も?)
 一昨日のうちにFAXで出場を申し込みました。

 東北地区は高校の部と中学の部とが別日程での開催ですから、無理なく両方を引率できます。助かります。

 とにかく中学生の部員の彼が、大会出場という貴重な経験を積んでくれることができるようになったことが大きな喜びなのです。一緒に出場してくれる陸上部の彼に感謝です。

-----

 ちなみに中学生の部員は、昨年9月の中一の時から入部してくれたのですが、練習会等、ディベートの全ての行事(全て東北)で、一度も同じ学年のディベーターに会ったことがないという状態です。(先週土曜日の入門セミナーでさえ…)

 さすがに東北予選ではお会い出来るだろうと思っています。
 彼が過去に「(各地に)ディベーターの友達を作ってみたい」と言っていたことを思い出します。
 きっと中学生のディベーターはいるんでしょうけど、互いに移動する機会が少なくて会えない、というのが実情かと。(いや僕は彼をいろいろなディベート行事に連れて行って、ディベートを体験してもらっているんですけどねえ)

|

« 人生を学ぶ …三浦光世氏、来仙 | トップページ | CO2、減ってくれるのか? »

コメント

中学の部初出場、おめでとうございます!

ワールドカップ出場も決まったし、ちょっとは溜飲を下げて下さいね。

投稿: イクトス | 2005.06.08 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/4463110

この記事へのトラックバック一覧です: 辛い事が多かった中で特筆すべき嬉しかったこと:

« 人生を学ぶ …三浦光世氏、来仙 | トップページ | CO2、減ってくれるのか? »