« オンD、体験しませんか?参加者急募! | トップページ | 今夜、W杯最終予選初戦。…アウェー席 »

2005.02.05

リーダーとしての監督

 今年のベガルタには期待している!

 blogもできたということで、ようやく、自分が見たチームについての意見を堂々と提示できる機会ができました。
 「ディベート」「クリスチャンとして」「教育実践」と書いてきましたが、満を持してベガルタネタです(^^)

-----

 僕はベルデニック解任賛成派でした。
 ベルデニックサッカーの何がまずかったって、

●ダイレクトパスにこだわらせすぎ
→受け手がダイレクトパスを受ける位置に走る→パスが奪われる→受け手の選手は戻れない
=>そんなことにこだわるより、安全かつ有利なパスを選手に考えさせた方がマシ=>つまり“普通のサッカー”
=>「ダイレクトパスを繋ぐ戦術はやめよう」と言うだけで実現する=監督解任
#ちなみに選手だってバカじゃないんだから、ダイレクトパスが出せるゆとりがあれば自然にやりますって。
#まあ、事実、ダイレクトパスが通った瞬間に、劇的に有利な構図が完成、というシーンも何度かあった。
#それでも、パスが通らない時のリスクが大きかった。

●「ゴール前では自分より有利な状況の選手にパスを出せ」=「自分で勝負するのはわがまま」 ←ダメダメ!
→ゴール前で勝負して勝てば有利になるような場面でもパスを出す。
→パスを出し、味方の選手にボールが届くまでの間に、相手ディフェンダーの戻りが“間に合う”
=>つまり、“パスを出した瞬間”は有利な位置だった選手も、“パスが届いた瞬間”には不利な位置になっている。
=>そもそも「勝負するな」では、モチベーションが下がるだけでしょうに!

-----

 1月22日(土)は、仙台スタジアム(通称仙スタ:我らが聖地)のゴール裏で応援する面々の新年会でした。
 そこで仕入れた情報は、私を更に安心させました。

・練習場にサポーターを入れる(報道もされていました)
 選手の迷惑にならないように、キーパー練習のところにだそうですが、練習を見に行ったサポーターは大喜び。
 地域密着、ファンサービスで楽天に遅れをとらないようにということかな。

○練習中の円陣が減る
 ベルデニックの時には、選手のボール回しが良いように見えても、練習を中断し、ベルデニックの指示を“通訳”して伝えるために、円陣を組ませていたそうです。
 ところが今度は、監督もコーチも日本人なので、大声で指示を出せば済むようになり、練習を中断させることが減ったそうです。
 それは、間違いなく“練習の改善”に繋がったことでしょう!

-----

 都並新監督、当然Jでの実績はないのですが、「戦う姿勢」「守備の立て直し=リスク管理」「チーム内のコミュニケーション=和を保つ」方針でのチーム作りに期待です。
 「理想を追うだけでは足元をすくわれる」というアドバイスを聞いたと、マスコミに答えている…それを口にできるだけでももう、期待できる監督交代だったのではないかと思っています。

 あるプロスポーツの集団が、試合で勝つことを目的に競技に取り組んでいるのですから、監督には“強い”リーダーシップが必要です。いや、リーダーシップというより「こういう方針でやろう」というビジョンを伝える能力、でしょうか。かつ、ビジョンは、勝利に直結しているものでなければダメですね。新監督、頼みます!


 とにかく、熱く激しく楽しく、今年も仙スタでの応援をするだけです。
 「あの応援を味方にできるのは心強い」と言って移籍して来てくれた選手の皆さん、どうぞお楽しみに(^^)!

|

« オンD、体験しませんか?参加者急募! | トップページ | 今夜、W杯最終予選初戦。…アウェー席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77422/2815954

この記事へのトラックバック一覧です: リーダーとしての監督:

« オンD、体験しませんか?参加者急募! | トップページ | 今夜、W杯最終予選初戦。…アウェー席 »