カテゴリー「ディベート15-16」の6件の記事

2017.06.01

総合的な学習「ディベートによる平和学習」

 東北学院高校の2学年における総合的な学習は「平和学習」がテーマなのですが、6月以降「ディベートによる平和学習」を実施します。

 4つの論題を設定し、そのうちの1つを《共通論題》として、クラス対抗戦等で用いいます。
 残りの3つを、文Iコース、文IIコース、理コースに割り振り、各クラスでは《共通論題》と割り振った論題との2つの論題に取り組んでもらいます。
 生徒達は3~5人が組となり、8つの班に分かれるのですが、その8つの班が、チームの得意・不得意等を考慮して、どちらかの論題を選んでもらう、という仕組みです。
 
 今回は、下記の4論題を用意しました。
 
 
 先生方の協力を得られやすいように、《共通論題》は学年の先生方の投票により、学年の先生方の支持が多いものを選ぶことにしました。
 そして、各コースに割り振る論題は、各クラスから2名ずつ選ばれた「ディベート係」に集まってもらって決定する予定です。
 
 今回の取り組みで作成したプリント群を主体とする教材は、希望者に提供する予定です。どうぞご期待くださいhappy01

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m
@niftyの『ココログ』を用いてBlogを作成の方は、
ブログ広場」の小カテゴリー「ディベートに是非、ご参加下さいm(_ _)m

続きを読む "総合的な学習「ディベートによる平和学習」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.30

ご案内:東北ディベー交流大会

 今年も、5月4日(水・祝)13時~5日(木・祝)12時で、『第15回東北ディベート交流大会』を開催します!
 
 詳細・お申し込みは【 こちら 】を御覧ください。
 
 今年は地区外からのゲストチームの参加もあり、少し有意義な展開が期待できますhappy01
 私が色々と忙しくしていて、大会運営どうしようと思い悩んでいたところ、自主的な申し出が複数あり、何とか大会としての形が整ってきました!
 ディベートに関わる方々に支えられている幸せを実感していますshine
 今からでも参加は間に合います。ディベート甲子園を目指す最初の一歩としての良いきっかけにして頂ければ幸いですconfident
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.01

2016年の目標~昨年の「道半ば」を取り戻して~

 2016年もよろしくお願いしますm(_ _)m
 すっかりと寝正月でしたcoldsweats01
 少し家事を手伝い、お風呂に入り、出していなかった相手から来た年賀状に対応し…

 この記事を書き終わったら、徐々に仕事を始めなくてはならない年末年始ですdespair

 毎年恒例で、今年の目標を書くのですが、昨日(=昨年末)の振り返りの際、「目標が短ければ振り返りも短時間で楽!と思いましたので、今年もその方向でhappy01

 しかも、昨日(=昨年末)の振り返りに、「持ち越し」が幾つもありましたので、今年の目標はそれをメインに、「道半ば」の回収を!

【大目標】
整理と選択によって、スマートに!

(「スマート」の2つの意味である「賢さ」と「手際良さ」の両方を追求

《具体的に…》

・整理
身の回りの物
 とにもかくにも、スペースを確保したい。
 管理すべき物が少ない方が精神的に楽!
 断捨離しなくては…

・整理と選択
仕事
 来年度が終われば、一つ大きな仕事が終わるのですけど…
 全部に関わることは無理なんです(>_<)
 これのためには、スマートさ(賢さと手際良さ)が必要!

〔小目標~昨年の道半ばの完成…物理教育&ICT&ディベート教育〕

《具体的に…》

・物理教育&ICT

 『アクティブ・ラーニング』&『NAKO私塾オンライン』+α(自宅にネット環境がない生徒のフォロー)で、ある程度の生徒達に、個々にあった学習をシステマチックに進められるようにしたい。
 まずは上記の形を更に整えた上で、生徒の様子をよく見て、問題点を発見して改善し、一定の完成をみたい。

・ICT&ディベート教育

 只今東北地区で進めているプレパの部分の支援を形にして、まずは東北地区の底上げ&新規参加を促したい。
 ディベートの準備段階で行き詰まる点が幾つか見えてきたので、そのハードルを超えるための教材を配布できるようにしたい。
|2つは考えていて、「(哲学的ですが)『価値』について考える教材」と、
|「似て非なる議論について(+ディベートで出くわす誤謬)考える教材」は
| 作成してみたいです。
 ネット経由の音声ディベートが、比較的簡単にできる時代が来ています!ネットを用いた音声でのディベートの試合のみならず、ディベートの遠隔指導もできるようにしてみたい。

… … …

 上記2つをするだけでも量的にも十分な仕事だと思っているのです(^-^ゞ
 確かに昨年、新たな視点に気付くため、多くの方との情報交換で、飲み会に出かけた回数も増えました。今年も結構ありそうな予感…

 ですが、出来るだけスマートに事を進めて、ライフ・ワーク・バランスを、幾らかでも整えたい(自宅で過ごす時間をもう少し増やし、更にゆとりをもって過ごしたい)と思っています。

 繰り返しますが、2016年もどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m

続きを読む "2016年の目標~昨年の「道半ば」を取り戻して~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.31

「道半ば」な2015年を振り返って

 毎年恒例(去年(2014年)は コチラ )の、紅白を見ながら1年を振り返ってBlog記事を作成するお時間です!

 なお只今、新しいPCで作成中です!

Img_20151231_221024_2今回もPanasonichappy01

 今までのPCがWindows10未対応で、かつバッテリーが消耗しており・・・どうせお金をかけるなら仕事がバリバリできるPanasonicのハイエンドマシンを…と、妻にお許し頂いて買いました!(妻に最敬礼m(_ _)m)

|本体の色がブラックなのがやや残念bearing

 ということで、今年正月の目標を コチラ で確認します。

|【大目標】
| これから1年間、上手に仕事をして、来年の正月は時間的・精神的に
|ゆとりをがある状態にする!

 単純に、高3の受験クラスの担任から高2の担任になったことで、今年の正月は少し気が楽ですcoldsweats01

 でも、理想通りの負担軽減ではない、と、妻が申しておりますcoldsweats01

 確かに、もう少し、仕事も身の回りも、スッキリさせたかったなぁ。

|【小目標~物理教育にICTをトッピング&ディベート教育】
|・録りためした物理の動画を活用することに加えて、アナログ的なアプローチも
加味して、生徒達が「分かる!」教育アプローチを編み出す
||上手く行っても行かなくても、結果を報告する。

 まだ理想的ではないのですが、下記のように報告できましたhappy01
『NAKO私塾』とは、中等教育における“低価格ICT活用型適応学習システム”

 もう少し改善の余地があることを自覚していますので、2016年に改善します!

|・ディベートの教育的実践に取り組む
||できれば、多くの皆さんのお役に立つように取りまとめる。

 これはようやく、具体的に動き出しました。
 しかしこれも完ぺきではありません。
 具体的となったアイディアを、皆さんのお役に立つようにまとめる作業を、2016年に実行に移します。

続きを読む "「道半ば」な2015年を振り返って"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.10

オンラインディベート練習会へのお誘い

 昨年実施しなかったのですが、参加希望があればオンラインディベートでの練習会を実施します。

 本番よりも短めのフォーマット(中学論題の立論は1,400文字(3分半相当)、高校論題の立論は2,000文字(5分相当))で、特にこれからディベート甲子園地区予選に挑戦するものの、準備がこれから&経験を積む場が少ない、という学校さんにとっては、参加しやすいかと思います。

 オンラインディベートで経験を積み、本番まで加筆修正(特に論題を肯定・否定するために大切な内容を加えて)するという手順が、試合本番へのスモールステップになるのではないかとオススメしますhappy01

 まずは、これを機にサイト移転をした『オンラインディベート』にある、今回の練習会の要項ページをご覧いただき、要項のページにある専用フォームにて、お申し込みください。

 締切は5月16日(土)12時となっております。
 奮ってご参加ください。お待ち申し上げます

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m
@niftyの『ココログ』を用いてBlogを作成の方は、
ブログ広場」の小カテゴリー「ディベートに是非、ご参加下さいm(_ _)m

続きを読む "オンラインディベート練習会へのお誘い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.29

『【その言葉】だと何も言っていないのと同じです!』

 『【その言葉】だと何も言っていないのと同じです!』の感想を書き綴ります。

|【 】部分は、本来は傍点が振られています。

 この本は「すごく意味がありそうなのに、よく考えるとわからなくなる言葉」について書かれていると、前書きにあります。

 私がこの本に注目するのは、高3の生徒が書く志望理由書で、「実際のところ、大事なことを何も言っていないのと同じ!」と思うケースがままあるからです。

 ただ「【その言葉】だと」という条件は、教育的に意味があります
 志望理由書に関連して分析すると、

(1)言いたいことがあっても、【その言葉】を用いると逆に、肝心な情報が欠けてしまう
(2)実は言いたいことを見つけていないので、【その言葉】を用いて、体裁を整える

の2つの指導すべきポイント考えられます。

 更に問題なのは、大人の側が【その言葉】を使った志望理由書をスルー、更には「良し」と評価してしまうことです。
 何故正しく評価できないか?

 それは、大人の側も、正しく評価できないような言葉の使い方に《慣れて》≒(悪く言うと《犯されて》いるからです。

 マスコミの影響です。

 当然、全てのマスコミが悪いわけではありませんが、以下の様な構造的問題があります。

  • 小論文も新聞も、埋めるべき字数が決っている。テレビやラジオも、埋めるべき時間がある
  • それに対し、埋めるべき有意義な情報を持ち合わせていないケースが、ままある。(当然、埋めるべき有意義な情報を持ち合わせている場合には問題がない)
  • 上記のケースの場合、読み手or聞き手に心地よい言葉で補う
  • ⇒結果、「意味がありそうなのに、よく考えるとわからない」表現となる。

 よって、「意味がありそうなのに、よく考えるとわからない」のに「心地良い」表現を度々目にする&耳にするうちに、それは本当は中身が無い、ということに気付けない状態になってしまっていると思われます。

 例えば、高校3年生の志望理由書に、よく有りがちな表現として、

「貴大学は施設が充実しており、そこで学びたいと思いました。」

がありますが、「大学なんだから、高校より施設が充実していて当たり前(-_-;)」と大学の関係者は思うだろうと推測されます。

 これこそ、【その言葉】では中身が伝わらない一例です。

 ディベートでの知識を活かすと

  • どんな施設に着目したのか?
  • 「充実」の程度は?
  • 「良い」と判断する基準は?

と、事実+価値観(価値基準)の両方を表現しよう、と高3には指導します。
 以下のように書いたら、少なくとも、何故その大学を良く評価したのかが伝わると思いますがどうでしょうか。

「オープンキャンパスに参加したところ、貴大学の無線LAN環境に驚きました。ゼミの方からは、構内をパソコンを持ったまま移動しても通信が途切れないアクセスポイントの配置がなされている上に、学生が研究で利用することができると伺いました。このことは、被災時でも通信断が生じないシステムの研究を志す私にとっては恵まれた環境です。」

 当然、上記を書けるだけの情報を予め仕入れていることが前提なのですが、その情報がない場合に「施設が充実」と書いておけばOKと、書き手の生徒も指導する教員(大人)の側も《錯覚》してしまう現状は、相当まずいと思っております。

 この本によって、私達がよく耳にする社会問題、会議での話題など、「すごく意味がありそうなのに、よく考えるとわからなくなる言葉」は結構使われていて、かつ、その言葉のために、本当の問題解決が見えない状態になっている現状に気付きました。

 ということで、この本の内容について、書けるだけ書き続けようと思っております。

記事がディベートの普及に繋がるように
人気ブログランキング』に参加しています。

人気ブログランキングへ
↑是非クリックを↑
今回の記事が良かったなら
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
↑バナーをクリックして下さいm(_ _)m
@niftyの『ココログ』を用いてBlogを作成の方は、
ブログ広場」の小カテゴリー「ディベートに是非、ご参加下さいm(_ _)m

続きを読む "『【その言葉】だと何も言っていないのと同じです!』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)